さん(する)

掲載日:2018/12/03

フレンドリーな実力派カフェ【The Source Cafe】

カフェの新規開店がまだまだ続くシェムリアップ。今回は2018年9月にオープンしたばかりの、若きバリスタが立ち上げた【The Source Cafe/ザ・ソース・カフェ】をご紹介します。「また来るね!」と帰り際スタッフに声をかけたくなるようなフレンドリーなお店で、コーヒーやお料理の味でもまた来たいと思わせてくれる、実力派のお店です。

カテゴリ:グルメ/スイーツ エリア:アジア  カンボジア  アンコールワット キーワード: おいしい カフェ ランチ

ABガイド:池内 桃子

池内 桃子
カンボジアは世界遺産アンコールワットのお膝元、シェムリアップ在住。現地サーカス団に出会ったのを機に、この国をもっと知りたくなり2012年移住。翌年より、同団体勤務。遺跡だけじゃないシェムリアップやカンボジアの楽しみ方を伝えたい!食、アート、ホットスポットなど、現地よりワクワクする情報をお届けします。

コーヒーの味はお墨付き

コーヒーの味はお墨付き

カフェが続々と街に増えるにつれて、一番気になるのはもちろんコーヒーの味です。初めての一杯はカプチーノにしてみました。ほどよい苦みに、ミルクの量とフォームのきめ細やかさもばっちり!ここのコーヒーが美味しいのも納得、オーナーのBoraさんは、シェムリアップの人気カフェ「シスタースレイ」でバリスタを務めていたそうです。

コーヒー以外にも、野菜やフルーツたっぷりのスムージーなどヘルシードリンクも揃っています。

ナチュラルな印象でまとめられたインテリア

ナチュラルな印象でまとめられたインテリア

広い店内は、爽やかなグリーンとそれにマッチするタイルが敷き詰められ優しい印象で、手描きの壁画が可愛らしさを出しています。窓側に座って通りを眺めながらゆっくりできました。

クリーミーでボリューム満点のチキンカレー

クリーミーでボリューム満点のチキンカレー

ランチに来たこの日は、ご飯ものが食べたいなと思い、チキンカレーを注文。運ばれてきたのは、大きなボウルにごろごろと具が盛られた優しい色合いのカレーでした。ココナツミルクがたっぷり使われていてまろやかながらもスパイスがよく効いた深みがあって、おなかいっぱいになってもまた食べに来たいと思ったほど。おすすめです!

この日はクメール料理にしましたが、サンドイッチやサラダなど洋メニューのほうが充実しています。

フレンドリーなオーナーとスタッフの皆さん

フレンドリーなオーナーとスタッフの皆さん

オーナーは写真中央右のBoraさん。前職でバリスタを務めていた彼ですが、お店を立ち上げオーナーとなった今もコーヒーを淹れながら、後輩の育成にも力を注いでいます。お店が軌道に乗ってきたころには、高校を出たばかりのスタッフ2名の大学入学を支援するのが目標だと話してくれました。

お店情報

お店情報

レンガ造りの外観がレトロな日本の喫茶店のようにも感じられます。

The Source Cafe(ザ ソース カフェ)
住所:Taphul Rd, Svay Dongkum,Siem Reap, Siemreab-Otdar Meanchey, Cambodia 17252
電話番号:+855(0)85 864 188
営業時間:毎日 7:00−22:00(カンボジアの祝日は店休あり)
公式フェイスブック:The Source Cafe @Anytimeiscoffeetime

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/12/03)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて


キーワードで記事検索

検索