page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
カンボジア・プノンペン・歴史の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

カンボジアの歴史や社会のようすが描かれた記念切手を買いに行こう


掲載日:2008/05/28 テーマ:歴史 行き先: カンボジア / プノンペン

タグ: お土産 ショッピング


カンボジアのお土産って何があるんですか?

伝統的な養蚕の姿が描かれた切手(100リエル、2006年発行)。戦乱により大きな傷を受けたカンボジアの染織は、現在、少しずつ回復の兆しを見せている 伝統的な養蚕の姿が描かれた切手(100リエル、2006年発行)。戦乱により大きな傷を受けたカンボジアの染織は、現在、少しずつ回復の兆しを見せている

長く続いた戦乱が終わり、カンボジアを訪れる外国人観光客は年間で200万人(2007年)を突破するようになりました。日本人旅行者の数も多く、カンボジア王国観光省の統計によると、2007年は16万1973人と第二位。ところで、カンボジアを訪れる人々から「カンボジアのお土産っていったい何があるの?」という質問を受けることがあります。カンボジアの国産品で、お土産向けにきれいにパッケージされた商品はまだあまり多くなく、また、隣国タイやベトナムのように日本のマスメディアで紹介される機会もわずかであるため、カンボジアのお土産事情というのはまだあまり知られていないようです。そこで今回はガイドブックにも載っていない、ちょっと変わったカンボジアならではのお土産をご紹介したいと思います。

切手を通して見る多様なカンボジア

日本のODA(政府開発援助)で建設されたカンボジア日本友好橋の描かれた切手(1000リエル、2003年発行) 日本のODA(政府開発援助)で建設されたカンボジア日本友好橋の描かれた切手(1000リエル、2003年発行)

それは何かと言うと、切手です。切手にはその国の歴史や文化、風俗習慣などを示す図柄や写真、絵などが描かれることが多く、長方形の小さな枠のなかのデザインは旅行しただけではなかなか知り得ないその国の姿を教えてくれる貴重な資料のひとつになります。カンボジアの切手も同様で、農村の暮らしや人々の生業、伝統文化、民具、歴史上の人物、動植物、歴史的な事件、服飾史、世情、抱える問題などさまざまなことを語りかけてくれる、大変興味深い存在です。

郵便局かホテルで入手可能

プレアビヘア遺跡の絵が書かれた切手(2001年発行、200リエル)とトマノン遺跡が描かれた切手(300リエル、2001年発行)。両方とも現在使用されている切手だ プレアビヘア遺跡の絵が書かれた切手(2001年発行、200リエル)とトマノン遺跡が描かれた切手(300リエル、2001年発行)。両方とも現在使用されている切手だ

さて、この切手、日本と同様、郵便局で買うことができます。また、ホテル内にあるお土産物売場などでも購入できる場合がありますので旅行者でも購入しやすいでしょう。今現在、使用されている切手には、日本のODAで建設されたカンボジア日本友好橋(100リエル切手)、伝統的な蚕の飼育の様子(100リエル切手)、ユネスコの世界遺産候補となっているカンボジア北部のプレアビヘア遺跡(200リエル)などが描かれています。

おすすめは中央郵便局の切手売場

この切手、郵便局やホテルの売店では今現在使用されているものしか扱われていませんが、首都プノンペンの北部にある中央郵便局に行くと、過去に発行された切手や記念切手を入手することができます。過去の切手では、1998年に行われた選挙の様子(1999年発行)、伝統舞踊の孔雀ダンス(1988年発行)、ロンヴェークやアンコール時代の服飾(1992年発行)、農村の美しい風景(2004年発行)、シハヌーク前国王の偉業(2003年発行)、伝統漁具(2004年発行)、伝統凧(2001年発行)、伝統楽器(1984年発行)などがデザインされており、この国のさまざまな表情を知るひとつの手がかりになります。こういった切手は、観光客に人気のロシアンマーケットやセントラルマーケットでも手に入れることが可能です。切手を通して観光ではなかなか知り得ない、カンボジアの多様な姿をのぞいてみませんか?

【関連情報】

■中央郵便局
住所:corner at St.13 and St.102, Phnom Penh
開局時間:7:00から17:00
定休:無休
アクセス:ワットプノン寺院から徒歩約3分。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/05/28)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索