page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
カンボジア・プノンペン・安宿の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

長距離バス乗り場や市場も近い! 市内中心部に立つ便利な立地のナイスゲストハウス


掲載日:2008/06/26 テーマ:安宿 行き先: カンボジア / プノンペン

タグ: 安い 安宿


安くて便利なプノンペンのゲストハウス

1泊10ドルのツインルーム。2003年オープンの比較的新しいゲストハウスなので、部屋はまだ新しく、清潔感がある 1泊10ドルのツインルーム。2003年オープンの比較的新しいゲストハウスなので、部屋はまだ新しく、清潔感がある

首都プノンペンを観光する際に困るのが宿選びではないでしょうか。観光開発の進むシェムリアプには数多くのゲストハウスやホテルがあるため、宿泊場所選びに困ることはさほどありませんが、プノンペンは観光資源が少ないこともあり、宿探しに悩む旅行者も少なくないようです。そこで今回は安くて便利な立地のゲストハウスをご紹介しましょう。市内中心部に位置するナイスゲストハウス(シングル1泊9ドル、ツイン10ドル)です。

オルセイ市場、長距離バス乗り場から徒歩数分

レンタル用の自転車。ゲストハウスの入り口に準備されている レンタル用の自転車。ゲストハウスの入り口に準備されている

ナイスゲストハウスはプノンペン中心部のオルセイ市場から徒歩2分くらいのところに立つゲストハウスで、すぐ近くにはキャピトル社の運営する長距離バス乗り場があるため、プノンペンからカンボジア各地を旅する旅行者にとって便利な立地です。バス乗り場へ向かうために重い荷物を背負って面倒なバイクタクシーやトゥクトゥクの交渉をする必要はありません。また、バイク(1日5ドル)や自転車(1日1ドル)のレンタルサービスも用意されているので、自分の足で自由に市内観光をすることも可能です。

インターネット完備、日本語メールにも対応

すべての部屋にはテレビとエアコン、冷蔵庫が備えられている すべての部屋にはテレビとエアコン、冷蔵庫が備えられている

ゲストハウスの一階には、インターネットが使える環境も整っており、日本語メールの送受信もできます。日中は観光し、メールの送受信は夜にやろうと思うけれど、夜の外出は控えたいという人にはありがたい環境です。市内にある他のインターネットカフェと同様、各種飲み物も販売されており、インターネットの接続料金も他のインターネットカフェと同様、1時間2000リエル(約55円)という良心的な価格設定です。部屋にはケーブルテレビ放送を受信できるテレビがあり、NHKを含む世界のさまざまな番組を視聴することができます。さらに、この宿泊料金でホットシャワーとエアコン、冷蔵庫までついてるのです

近くにはバーやレストラン、ローカル食堂も

1階の受付の奥にあるインターネットカフェ 1階の受付の奥にあるインターネットカフェ

もうひとつのオススメポイントは、近くにバーやレストラン、ローカル食堂があるところです。すぐ斜め向かいには、カンボジア料理とマレーシア料理を出すレストランがありますし、歩いて2分くらいのところにはおいしいクイティウ(汁麺)を出すローカル食堂のオルセイレストラン(オルセイ市場の向かい)、朝食の定番メニューである豚肉のせごはんやバゲットのサンドウィッチなどを出す店もあります。加えて、市内中心部に位置するため、セントラルマーケットや国立博物館、王宮、ロシアンマーケットといった各観光スポットまでバイクで10分くらいの距離にあります。また受付には旅行者向けの各種フリーペーパーが用意されているので、旅の情報収集にも便利! ナイスゲストハウスで楽しい一夜を過してみませんか?

【関連情報】

ナイスゲストハウスの入り口。日本人の利用客も多い ナイスゲストハウスの入り口。日本人の利用客も多い

■ナイスゲストハウス(Nice Guesthouse)
住所:No.209Eo, Street 107 Phnom Penh
電話:023-211-911/012-843246
ホームページ:http://www.niceguesthouse.com(オンライン予約可能)
部屋数:13室
アクセス:オルセイ市場から徒歩約1分。プノンペンの老舗ゲストハウスであるキャピトルゲストハウスのすぐ近く。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/06/26)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索