page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
カンボジア・プノンペン・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

アンコール王朝を生んだカンボジアの大地を空から眺める旅に出よう!


掲載日:2008/10/10 テーマ:観光地・名所 行き先: カンボジア / プノンペン

タグ: すごい! 遺跡 絶景


空の旅ならではの味わい

トンレサップ川とトンレサップ湖が交わる付近。蛇行するトンレサップ川の複雑な流れがわかる トンレサップ川とトンレサップ湖が交わる付近。蛇行するトンレサップ川の複雑な流れがわかる

カンボジアを旅する際、利用できる交通手段はさまざまで、旅の日程や目的、予算、好みなどにあわせて選択することができます。車をチャーターしたり、地元の人と一緒に長距離バスで移動してみたり、水路をボートで走ってみたり、路上でバイクタクシーを拾ってみたりと、旅を演出する交通手段はさまざまです。ところで、首都プノンペンとアンコール遺跡群観光の拠点となるシェムリアップ州を結ぶ交通手段としては、長距離バスと飛行機が一般的だと思います。以前、この区間における長距離バスの旅の魅力についてご紹介したので、今回は空の旅ならではの楽しさについて書いてみたいと思います。

遺跡の壁画に描かれた舞台を空から見る

バイヨン寺院の回廊に残る浮き彫り。当時の争いのようすが浮き彫りして残されている バイヨン寺院の回廊に残る浮き彫り。当時の争いのようすが浮き彫りして残されている

プノンペンからシェムリアップまで長距離バスで移動すると、車窓から人々の生活の一部をかいま見ることができます。また、休憩所では売り子さんが売りにくるローカルの食を楽しむことも可能です。では空の旅の醍醐味は何かというと、アンコールという強大な王朝を生み出したカンボジアの大地を眺めることができるところです。例えば、アンコールトムの中心寺院バイヨンの回廊には、アンコールに攻め込んできたチャンパ軍とそれを迎え撃つアンコールの軍隊の戦いが浮き彫りとして描かれています。当時、チャンパはトンレサップ川をさかのぼり、トンレサップ湖を通してアンコールへ攻め込んできたと言われていますが、プノンペンとシェムリアップの間の空の旅では、このチャンパの軍がさかのぼってきたトンレサップ川やトンレサップ湖を空から鳥瞰することができるのです。

カンボジアを空から立体的に見る旅の魅力

アンコールトムの中心寺院バイヨンの回廊に描かれた浮き彫り 。アンコール王朝に攻め込んできたチャンパ軍との水上戦の様子が表現されている アンコールトムの中心寺院バイヨンの回廊に描かれた浮き彫り 。アンコール王朝に攻め込んできたチャンパ軍との水上戦の様子が表現されている

川の流れや地形はアンコール時代とは同じではないとは思いますが、アンコールを観光する前に蛇行するトンレサップ川や広大なトンレサップ湖を俯瞰しながら、当時の戦いに思いを馳せてみてはいかがでしょう。かつて戦場となった湖に上空から一歩踏み込むことで、アンコール遺跡群に人間的なにおいを感じることができるようになると思います。また、上空からは水辺や水上で暮らす人々の集落がどのように形成されているのかを観察することができますし、カンボジアの淡水漁業を育んできたトンレサップ水系の雄大さを感じることもできます。

毎日飛行機を飛ばしている航空会社

プノンペンとシェムリアップの間に空路を持ち、毎日便を運行していて便利なのがシェムリアップ・エアウェイズです。チケットの購入・予約はプノンペンやシェムリアップ市内の旅行会社やシェムリアップ・エアウェイズのオフィスでできるほか、同社のホームページからオンラインで行うこともできます。プノンペンからアンコールへの旅に出るとき、上空からのすばらしい演出を堪能できる空路を選択肢に加えてみませんか。

【関連情報】

■シェムリアップ・エアウェイズ・インターナショナル(Siem Reap Airways International)
[プノンペンオフィス]住所:No 71, Street 598, Sangkat Phnom Penh Thmey, Khan Reussey Keo, Phnom Penh
電話:011-857424/012-857424
時間:7:30から10:30、14:00から17:00
定休:日曜、祝日
ホームページ:http://www.siemreapairways.com
※シェムリアップ・オフィスもある。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/10/10)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索