page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
カンボジア・プノンペン・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

格安で靴のオーダーメイド可能!フランス植民地時代から続く老舗「トゥールスレンA」


掲載日:2008/10/31 テーマ:ショッピング 行き先: カンボジア / プノンペン

タグ: ショッピング 安い


プノンペンならではのショッピングを楽しもう

靴のオーダーメイドを受け付ける店が複数並ぶ143番通り 靴のオーダーメイドを受け付ける店が複数並ぶ143番通り

今回は首都プノンペンのショッピング情報です。隣国タイのバンコクやベトナムのホーチミンと比べると、プノンペンでショッピングというのは、どうもしっくりこないという方が多いのではないでしょうか。加えて、プノンペンという町のイメージも、観光客のみなさんを「プノンペンでショッピング」から遠ざけているような気がしてなりません。確かにホーチミンやバンコクと比べるとかわいいもの、おしゃれなものは少ないかもしれませんが、プノンペンならではの楽しみ方だってあるんです。今回はそのうちの一つをご紹介しましょう。靴のオーダーメイドです。

じつはあのトゥールスレン虐殺博物館の裏

商品見本。オーダーのイメージが固まっていなくても、棚に陳列された見本を参考にして考えることもできる 商品見本。オーダーのイメージが固まっていなくても、棚に陳列された見本を参考にして考えることもできる

場所はプノンペンの観光名所のひとつにもなっている、トゥールスレン虐殺博物館の裏側の143番通り沿いです。トゥールスレン虐殺博物館にて、ポルポト時代の悲惨な歴史を目の当たりにし、ショックのあまり静かに宿へかえってしまう人は多いと思いますが、その裏に日本では考えられない料金で靴のオーダーメイドができる店が4軒潜んでいるのです。この4軒、フランス植民地時代(1863〜1953)から続くという靴屋の老舗で、その価格、なんと紳士靴(本革)なら28ドル程度から、サンダルなら17ドルから、婦人靴は13ドル程度から!(価格は使用する皮革によって変わる) 

皮はウシ、ゾウ、ワニ、ヘビとさまざま

皮は複数用意されており、色も豊富。見本をみながら好みのものを探そう。特別な皮の注文にも応じてもらえることがあるので、問い合わせてみるといいだろう 皮は複数用意されており、色も豊富。見本をみながら好みのものを探そう。特別な皮の注文にも応じてもらえることがあるので、問い合わせてみるといいだろう

この値段で靴のオーダーメイドができるのなら、チャレンジしてみたくなりませんか?なりますよね! 注文は簡単です。店に直接出向いて、そこで好みの色や皮を選び、デザインを伝えるだけ。店内には色や皮の見本が準備されているので、具体的に話を進めることができます。皮はウシ皮、ゾウ皮のほかに、ヘビ皮、ワニ皮などを選べます(ただしヘビやワニは在庫がない場合がある)。もともと、初代店主のアイシーポルさんが始めた店で、彼の子どもたちがそののれんを受け継ぎ、それぞれの店を同じ場所に開いたと聞きました。

あなただけのMade in Cambodia

子ども用の靴のオーダーも可能 子ども用の靴のオーダーも可能

カンボジア語で靴のオーダーメイドなんてできない、という方も英語を話すスタッフがいるので安心です。細かいところを伝えるのに自信がないようなら、靴のカタログや写真などを用意しておけばたいていのことは通じます。在住外国人の客も多いことから、ヨーロッパやアメリカなどでの流行にも敏感で、店のひとつ、トゥールスレンAの店長であるソヴァンさん(41歳)はインターネットで靴の流行や新しいデザイン情報などを収集しているほど。サンダルやブーツなどオーダーも受け付けています。もちろん靴にはお店のロゴが入り、「Made in Cambodia」とも記されています。あなただけの一足をカンボジアで作っていませんか?

【関連情報】

■トゥールスレンA(Toul Sleng A)
住所:No 138Eo, Street 143, Sangkat Boeng Keng Kang 3, Khan Chamkar Mon, Phnom Penh
電話:011-777604/012-689838
営業:6:30から18:30
定休:無休
※すぐ隣に同じようなオーダーメイドの店が並んでいる。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/10/31)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索