page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
カンボジア・プノンペン・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

二人の女性オーナーのセンスがキラリと光るホームデコレーションのお店がオープン!


掲載日:2009/02/04 テーマ:ショッピング 行き先: カンボジア / プノンペン

タグ: お土産 かわいい ショッピング 雑貨


デザインがよく、お値段も納得

カフェ「ガソリーナ」の敷地内に立つかわいらしいお店ラ・クレ・ドゥ・ソル。ガソリーナで食事やお茶をしないお客さんでも気軽に入店できる カフェ「ガソリーナ」の敷地内に立つかわいらしいお店ラ・クレ・ドゥ・ソル。ガソリーナで食事やお茶をしないお客さんでも気軽に入店できる

首都プノンペンの中心部に日本人女性とフランス人女性が共同経営するかわいらしいホームデコレーションのお店がオープンしました。ベッドリネンやテーブルリネン、キッチンクロスなど、ホームデコレーション関連の商品を中心に、バッグやサンダルも扱うこのお店は、商品がすべてオリジナル! 「カンボジアにはホームデコレーションのお店が少なく、ふつうの主婦が探しているような、デザインがよくて値段も納得できる商品がほとんどなかった」という不満が開業のきっかけというだけあって、店内に並ぶ商品はどれも女性のお買い物心をくすぐるようなキラリとセンスの光るものばかり。もちろんすべて納得のお値段です。ちょっとのぞいてみたくなりますよね?

オーダーメイドにも対応してくれる

お店おすすめのベッドリネン各種。デザイン、大きさともに多様な品揃え お店おすすめのベッドリネン各種。デザイン、大きさともに多様な品揃え

音楽が好きだと言うお二人が名付けた店名はラ・クレ・ドゥ・ソル(フランス語で「ト音記号」の意)といい、商品には上品にデザインされたト音記号のロゴがあしらわれています。おすすめ商品はベッドリネン。よく売れるクイーンサイズ(フラットシーツは220cm×230cm、ボックスシーツは160cm×200cm)のシーツは枕カバー二つ付きで42米ドル(約4000円)ほど。嬉しいことにオーダーメイドにも対応してくれるので、いろいろなサイズを選択できます。

一つで二度楽しめるリバーシブルバッグ

キッチンクロスやテーブルリネンも人気商品 キッチンクロスやテーブルリネンも人気商品

ほかの商品もいくつかご紹介しましょう。お客さんのニーズが多いというキッチンクロス(1米ドル=約95円)は、そのこだわり溢れるデザインからは想像もつきませんが、なんと端切れを有効活用して作ったもの。買った商品を入れる布のオリジナルショッピングバッグも端切れを再利用してデザインされています。また、布タイプのバッグは一つで二度楽しめるよう、基本的にリバーシブルを目指しているそうです。さまざまなサイズに対応するテーブルリネンは、例えば150cm×200cmのもので25米ドル(約2375円)、しかもナプキンが6枚付いてきます。

子どもの遊び場があるので子連れの方も安心

お店の前に広がる庭 お店の前に広がる庭

お店は広々とした緑豊かな庭を持つカフェ&バー「ガソリーナ」の敷地内にあるので、プノンペンの喧噪から離れ、ゆったりとしたお茶の時間を過ごしながら買い物を楽しむことができるところもおすすめポイントです。お店の前の庭では、小さな子どもたちが遊べるようになっているため、子連れの方も安心です。ラ・クレ・ドゥ・ソルのオリジナル商品で日々の生活を豊かに彩ってみませんか?

【関連情報】

お店オリジナルのショッピングバッグ。買った商品はこの袋に入れてもらえる(無料) お店オリジナルのショッピングバッグ。買った商品はこの袋に入れてもらえる(無料)

■ラ・クレ・ドゥ・ソル(La Clef de Sol)
住所:No.56-58, Street57, Phnom Penh, Cambodia
電話:092-194-468(日本語可)
営業:毎週土曜のみ、10:00〜18:00
アクセス:バンケンコン市場(Boeung Keng Kang Market)から徒歩約1分。市場の北側にあるカフェ「ガソリーナ(Gasolina)」の中。
備考:オーダーメイドは通常、1週間ほどかかるが、小額の追加料金で急ぎの注文にも対応してくれる。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/02/04)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索