page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
カンボジア・プノンペン・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

外はさっくり、中はしっとりと甘い!ローカルスナックの揚げバナナで小腹を満たそう


掲載日:2009/02/16 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: カンボジア / プノンペン

タグ: おいしい フルーツ 屋台


安くておいしい手軽なおやつ

揚げたての揚げバナナ。あつあつを注文するもよし、すこし冷めて食べやすくなったものを買うもよし。すこし冷めたものでも衣はさくさくしているものが多い 揚げたての揚げバナナ。あつあつを注文するもよし、すこし冷めて食べやすくなったものを買うもよし。すこし冷めたものでも衣はさくさくしているものが多い

カンボジアにおける多様なバナナの楽しみ方の中から今回は、バナナの味わい方をご紹介したいと思います。外側はさっくりバリパリ、中身はとろーりと甘いカンボジアの定番おやつ「揚げバナナ」です。タイやベトナム、マレーシアなどを旅行されたことのある方はすでになじみがあるかもしれませんが、こちらカンボジアでも揚げバナナは定番のおやつとして日常的に親しまれているのです。おすすめポイントはなんと言っても「安くておいしく、手軽に味わえる」ということです。

バナナのおいしい「健康力」も見逃せない

プノンペンの住宅街にある揚げバナナの屋台。ここは毎日、昼過ぎから「開店」する プノンペンの住宅街にある揚げバナナの屋台。ここは毎日、昼過ぎから「開店」する

プノンペンの場合、値段は一本500リエル程度(約13円)ですし、路上の屋台や市場のなかの食堂街、デザート売り場周辺などで比較的簡単に見つけることができます。そしてもうひとつ、バナナの「健康力」を忘れてはいけません。赤ワインや緑茶などに多く含まれるポリフェノールには、強い抗酸化作用があり、活性酸素を取り除くと言われていますが、実はバナナにも含まれているのです。さらに免疫力を高める成分も含まれており、その成分は加熱しても変化せず、酸やアルカリにも強いことがわかっています。

揚げバナナのおいしさの秘密は

衣をつけたバナナを揚げているところ。かりかりに揚がるまで数分の辛抱 衣をつけたバナナを揚げているところ。かりかりに揚がるまで数分の辛抱

おいしさの秘密にも迫りましょう。カンボジアの揚げバナナのおいしさは、衣に秘密が隠されています。というのも、衣には米を主食とする国らしく、米粉が使われているのです。だから揚げたときの口当たりが軽くてさっくり! さらに衣にはココナツとゴマが加えられているため、豊かな自然の甘みと香ばしさが倍増します。加熱によってバナナ本体の甘みも増すため、口の中に入れてさくっと噛むと、顔がほころぶこと間違いなし。砂糖を添加しているわけではないので、不自然なくどい甘みはありません。

揚げバナナを目指すなら市場がベスト

揚げバナナの衣(ボールの中)と使用するバナナ。バナナはカンボジア語で「チェークナンワー」と呼ばれる種類のもの 揚げバナナの衣(ボールの中)と使用するバナナ。バナナはカンボジア語で「チェークナンワー」と呼ばれる種類のもの

理由はわかりませんが、カンボジアにはデザートを提供するレストランはほとんどなく、カンボジアのデザートといえば市場の甘味屋台か甘味専門の屋台になるようです。揚げバナナも同様で、個人的な経験では揚げバナナを扱うレストランを見かけたことはありません。なので、揚げバナナを味わうには市場を目指しましょう!  アクセスの面では、シェムリアップなら観光客が多く訪れるオールドマーケット、プノンペンならセントラルマーケットやロシアンマーケットがおすすめです。プノンペンの川沿いを散歩したり住宅街を歩いてみたいという方なら、カンダールマーケットやバンケンコンマーケットもいいでしょう。安くておいしく体にもいい揚げバナナをカンボジアで味わってみませんか?

【関連情報】

バナナはラップのような薄いビニールで包んでから板で叩いて平らにし、衣をつけて揚げる バナナはラップのような薄いビニールで包んでから板で叩いて平らにし、衣をつけて揚げる

■揚げバナナ(チェークチアン)
食べられるところ:おもな市場の食堂街・デザート売り場、路上の屋台など。
価格:1本500リエル(約13円)程度

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/02/16)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索