page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
カンボジア・プノンペン・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

日本語でオーダーメイド可能!カンボジアシルクを使ったオリジナルの1着を作ろう


掲載日:2009/03/18 テーマ:ショッピング 行き先: カンボジア / プノンペン

タグ: お土産 ショッピング 洋服


在住日本人もひいきにする店

すっきりとした明るい店内にはさまざまな商品が陳列されている すっきりとした明るい店内にはさまざまな商品が陳列されている

日本では大変な額のお金がかかるため、服やバッグのオーダーメイドなんてなかなか気軽に楽しめないものです。海外では安くできるところがあるとはいえ、店によっては腕がいまいちかもしれないし、英語も現地の言葉もできないからやっぱりちょっと無理かなぁ、なんて半ばあきらめかけていた方におすすめしたい店がプノンペンにあります。日本人を含むカンボジア在住の外国人がひいきにしている店クロマーショップがそこです。

日本語でオーダーメイドができる

棚に並べられた生地。カンボジアシルクとコットンのほかに、外国から輸入された生地も扱う 棚に並べられた生地。カンボジアシルクとコットンのほかに、外国から輸入された生地も扱う

ここで働くスタッフは、日本人の指導のもと、プノンペン市職業訓練所の洋裁部門で技術訓練を受けた人たちなので、腕前は確かですし、日本で頼むよりは遥かに安い料金でオーダーメイドが楽しめます。日本語を話すスタッフが2名いるので、言葉の問題で困ることもありません。さらに、クロマーショップではオーダーメイドを注文しにくるお客さんのために、カンボジアのシルクやコットンをはじめとする生地も販売しています。コットンは1メートル4米ドルから、シルクは1メートル6米ドルからで購入可能です。

たとえばシンプルなスラックスは20米ドル

販売スペースのすぐ隣の部屋はミシンの並ぶ作業場となっており、ここで注文の入った商品を仕上げている 販売スペースのすぐ隣の部屋はミシンの並ぶ作業場となっており、ここで注文の入った商品を仕上げている

店内にはオーダーメイドの参考資料として、閲覧用の日本語ファッション誌もいくつかおかれていますし、クロマーショップで作られたオリジナルデザインの商品も多数あるため、それらを見ながらデザインを決めるのもいいでしょう。店内に並べられた商品は、日本人が指導しただけあって、日本人好みのデザインばかりで、カンボジアと日本のコラボレーション作品と言えるでしょう。すでに手元にある服やバッグと同じようなものを作って欲しい場合は、それを見本として預けておけば対応してくれます。店内にならぶ衣服は女性のものだけですが、男性用のシャツやズボンのオーダーメイドも可能 で、たとえばシンプルなデザインのスラックスは20米ドル(布代は別)程度。どうです? 安いでしょう!

お土産選びにも使える

カンポート州の職業訓練所で作られたクロマー カンポート州の職業訓練所で作られたクロマー

また、クロマーショップには市場のお土産売り場にはないちょっと変わった商品もあります。青年海外協力隊の派遣先であるカンポート州の職業訓練校で織られたカンボジアコットンのクロマー(多目的に使えるカンボジアの布)や布製品、カンボジアシルクの産地として有名なプノンスロック地方のシルクを使った製品です。プノンスロックは桑の木の栽培、蚕の飼育などシルクを一から生産している地域。ここのシルクを使った「プノンスロックブランド」のシルク製品がここで買えるのです。お土産選びにも使えてオーダーメイドも楽しめるクロマーショップをちょっとのぞいてみませんか?

【関連情報】

店は高校の敷地内にあり、表通りからやや奥まったところにあるのでわかりにくい。写真の門をくぐった先にある 店は高校の敷地内にあり、表通りからやや奥まったところにあるのでわかりにくい。写真の門をくぐった先にある

■ Kroma Crothes Shop O' Keo
住所:Located in Boeng Trabek High School, Monivong Blvd, Phnom Penh.
電話:023-211-886/012-992-989
定休:日曜日(ただし日によっては営業)
営業時間:7:30〜17:00
アクセス:ロシアンマーケットからバイクタクシー、トゥクトゥク、車などで約7分。モニボン通り沿いに立つバントロバエク高校の敷地内。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/03/18)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索