page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
カンボジア・プノンペン・ドライブの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

プノンペンから車で30分!田舎の景色を味わいながら日帰りドライブを楽しもう


掲載日:2009/04/02 テーマ:ドライブ 行き先: カンボジア / プノンペン

タグ: ドライブ


カンボジアの魅力が詰まった田舎へ旅立とう

カンボジア風たくあん漬け「チャイパウ」を作る女性。塩と砂糖を順に揉み込んで水分を抜いてから日干しする。1キロ2米ドルほどで売られているのでお土産にしてもおもしろい カンボジア風たくあん漬け「チャイパウ」を作る女性。塩と砂糖を順に揉み込んで水分を抜いてから日干しする。1キロ2米ドルほどで売られているのでお土産にしてもおもしろい

カンボジアの大きな魅力のひとつが田舎の風景でしょう。広々とした田園とそこににょきにょきと生えるサトウヤシ、その横を流れる川、水浴びをする水牛、視界いっぱいに広がる真っ青な空と綿あめのように立体的な雲。自然が好きな人にはたまらない絵がカンボジアの田舎にはぎっしり詰まっています。といっても、ガイドブックには観光地の情報しか載っていないから、何か目指す目標物なしに漠然と「田舎の旅」なんて言われても難しい……、という方のために、今回はカンボジア版たくあん漬け「チャイパウ」づくりを見学しにカンダール州スアーン郡を目指す旅をご提案しましょう。

カンボジア版たくあん漬けの製造を見学

国道から眺められるバサック川の流れ。この青く澄み渡った空だけでも見る価値がある 国道から眺められるバサック川の流れ。この青く澄み渡った空だけでも見る価値がある

スアーン郡は首都プノンペンの南に位置する農業地帯で、バサック川の恵みを受け、さまざまな作物が栽培されています。そのうちの一つが大根。今の季節、スアーン郡では大地の恵みを受けて育った大根を使い、家庭単位でたくあん漬けとよく煮た「チャイパウ」を作っているのです。3月下旬から7月はチャイパウづくりの最盛期。バサック川と並行する国道21号線を走っていると、どこからともなく、たくあん漬けそっくりの、白いご飯が欲しくなるような匂いが胃袋を誘います。チャイパウづくりをしているところを通ったら、ちょっと見学させてもらいましょう。

中国の田舎に迷い込んだかのような風景

国道21号線沿いに立つ土地の神を祀る中国式の祠。建築様式も中国風だ 国道21号線沿いに立つ土地の神を祀る中国式の祠。建築様式も中国風だ

チャイパウ作りを見学したり、田舎の景色を楽しんだりしながら国道21号線を走っていると、ちょっと変わった風景に気づくかもしれません。中国風の住宅です。このあたりは中国系カンボジア人が多く住んでいるようで、住宅もカンボジアの農村でよく見られる高床住居ではなく、土間のある木造住宅が目立ちます。それらを眺めていると、映画のなかに登場する中国の田舎に迷い込んだかのような錯覚にとらわれます。住宅ばかりではなく、中国式の寺院や祠も点在しているので、近くに立つカンボジアの仏教寺院と比較してみるのもおもしろいでしょう。

新鮮なサトウキビでリフレッシュしよう

収穫したばかりのサトウキビは路上や市場で売られる 収穫したばかりのサトウキビは路上や市場で売られる

さて、スアーン郡といえばサトウキビの産地として有名な土地で、乾季の今はサトウキビの糖度が増す季節です。せっかくスアーン郡まで行くのなら、刈り取ったばかりの新鮮なサトウキビを絞ったサトウキビジュースを飲んで、旅の疲れを癒しましょう。サトウキビの産地だけあって、スアーン郡の国道沿いでは至るところでサトウキビジュースやサトウキビの「露店」を見かけます。スアーン郡のやや南部、ソピー寺院の向かいにはバサック川のゆるやかな流れやカンボジアの農村風景を眺めながらくつろげる小さな休憩所があるので、そこでハンモックに揺られながらサトウキビジュースで一息つくといいでしょう。休憩所のすぐそばには、バサック川の対岸へ向かうフェリー乗り場があるので、ちょっとしたクルーズを楽しむこともできます。遺跡観光だけでは知り得ない、カンボジアの魅力をちょっと味わってみませんか?

【関連情報】

■カンダール州スアーン郡
場所:National Road No.21, S'ang district, Kandal province, Cambodia
アクセス:プノンペン市内から約25キロ。車で約30分。旅行会社などで車をチャーターしていく。料金は1日チャーターで60米ドル程度。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/04/02)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索