page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
カンボジア・プノンペン・歴史の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

自然の中で営まれる昔ながらの暮らしに触れる旅―プレイベーンへ行ってみよう


掲載日:2009/06/16 テーマ:歴史 行き先: カンボジア / プノンペン

タグ: ふれあい 街歩き


カンボジアの人の暮らしに興味を持ったなら

美しい花を咲かせたハスはカンボジアの農村を代表する風物詩のひとつ 美しい花を咲かせたハスはカンボジアの農村を代表する風物詩のひとつ

一度、カンボジアを旅した人が「また来たい」と感じる理由はいろいろあると思いますが、カンボジアの「人」に興味や魅力を感じたという人が少なくないようです。昔から続く時間の流れのなかで、この国の大地とともに生きる人々の姿や生活風景が訪れる人を魅了するのかもしれません。また、農村の暮らしぶりを見て「懐かしさ」を感じる人も多いと聞きます。そんなカンボジアの人々の暮らしに少しでも触れる旅がしたいという方のために、今回は首都プノンペンを出発地とした田舎の旅へご案内しましょう。目的地はプノンペンの東約90キロのところに位置するプレイベーン州です。

雨季と乾季で別の顔を見せる

雨季、メコン川の増水によって水没したところで漁をする男性(州都プレイベーン) 雨季、メコン川の増水によって水没したところで漁をする男性(州都プレイベーン)

プレイベーン州自体は、カンボジアのなかでは小さな地域ですが、多くの農業人口を抱えるところで、州都プレイベーン以外に町と呼べるようなところはなく、ほとんどが農村(耕作地を含む)であると言っても過言ではありません。また、多くの土地が雨季の間、メコン川の増水によって水没するため、雨季と乾季で大きく風景が変わります。自然の力の偉大さを見せつけられているようです。雨季が本格化するこれからの季節、農村は農繁期に入るため、あちこちで農作業をしている人々の姿を見かけることができるでしょう。

車やバイクで数分走ればそこはもう農村

水田で食用とするカエルを釣る男性。雨季の水田でよく見られる光景だ 水田で食用とするカエルを釣る男性。雨季の水田でよく見られる光景だ

プレイベーンの町から車やバイクで数分走れば、そこはもう農民達の世界です。未舗装の道に沿って木造の高床住居が立ち並び、そこでは昔ながらの暮らしが営まれています。水田へ目を向ければ人間とともに農作業に精を出す牛、水場でのんびりと水浴びをする水牛、空高くそびえるサトウヤシの木、どこまでも続く真っ青な空とその下で太陽の恵みを受けて鮮やかな花を咲かせるハス……。カンボジアの田舎の醍醐味が詰まっています。腕を思いっきり広げて深呼吸してみれば、日頃のストレスもたちまち飛び去ってしまうでしょう。

カンボジアの長い歴史も感じることができる

農家で飼育されている豚。鶏や牛、豚、水牛などの家畜を飼っている農家は多い 農家で飼育されている豚。鶏や牛、豚、水牛などの家畜を飼っている農家は多い

プノンペンからプレイベーンへ行くには、国道1号線をメコン川に向かって走り、ネアックルアンでフェリーに乗って雄大なメコン川を渡ります。そこから左に折れれば州都プレイベーン。そのまま国道1号線に沿って直進すれば、現在のカンボジアに扶南(ふなん)と呼ばれる国家があった5世紀頃に遡ると考えられている遺構バープノンへたどり着きます。バープノンはカンボジア発祥の地とも言われる場所なので、この国の長い歴史に思いを馳せながら訪れてみることをお勧めします。自然のなかで営まれる昔ながらの暮らしに触れながら、カンボジアの歴史も感じることができるプレイベーン州へ遊びに行ってみませんか?

【関連情報】

雨季、雨の降る時間帯になると、遠くで降る雨がまるでカーテンのように見えることがある 雨季、雨の降る時間帯になると、遠くで降る雨がまるでカーテンのように見えることがある

■プレイベーン州
位置:首都プノンペンの東約90キロ
アクセス:プノンペンから車をチャーターして行くと便利。片道約2時間半。また、プノンペン南西部のチュバーオンパウ市場から乗り合いタクシーも出ている。
備考:州都プレイベーンにはゲストハウスが数件ある。料金は5米ドルから10米ドル程度。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/06/16)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索