page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
カンボジア・プノンペン・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ぷるぷるモッチリした米粉の生地にニラがたっぷり詰まったニラまんじゅうをお試しあれ


掲載日:2009/08/27 テーマ:グルメ 行き先: カンボジア / プノンペン

タグ: おいしい 安い 屋台 野菜


食べ歩きの候補に加えてみたい一品

焼き上がったヌムチーチャーイ。香ばしい焦げと生地のもちもち感の対照的な味わいが絶妙。 焼き上がったヌムチーチャーイ。香ばしい焦げと生地のもちもち感の対照的な味わいが絶妙。

旅先でその土地のものをいろいろと食べ歩くのは楽しいもの。名所や旧跡を巡りながら、その土地の食材を使ったさまざまな食に舌鼓を打つのは旅の醍醐味のひとつでしょう。さて、ではカンボジアではどんな食べ物が味わえるのかな、とガイドブックをぱらぱらめくると、おいしそうなものが写真付きでたくさん紹介されていますが、ちょっと小腹が空いたというときに嬉しい軽食やおやつがあまり載っていない、なんていう不満を抱いたことはありませんか? いやいや、あるんです、カンボジアにも! それはずばり「もちもちニラまんじゅう」です。

もちもち、ぷるぷる、ニラがどっさり!

プノンペン市内の住宅地を周りながらヌムチーチャーイを売る屋台。 プノンペン市内の住宅地を周りながらヌムチーチャーイを売る屋台。

もちもちニラまんじゅうというのは、私が勝手に名付けたもので、カンボジア語では「ヌムチーチャーイ」 といいます。チーチャーイというのはニラのこと。このおやつは、米を主食とする国カンボジアらしく、米粉で作った生地でたっぷりのニラを包み、鉄板でこんがりと焼き上げたお焼きのような食べ物です。米粉の生地なので、まわりはぷるぷるもっちり! こんがりと香ばしく焼き色をつけてもらったら、お好みでピリ辛でほんのり甘いチリソースや魚醤をかけて、がぶりといきましょう。生地のもちもちぷるぷるとした食感に「襲われた」後、間髪入れずに豊かなニラの香りが嬉しい「奇襲」をしかけてきます。もうニラ好きにはたまりません。

鉄板の上で焼かれた白くて丸いものを探そう

好みでチリソースや魚醤をかけてもらおう。屋台のすぐ横に調味料が備え付けてあるので指を指して注文できる。 好みでチリソースや魚醤をかけてもらおう。屋台のすぐ横に調味料が備え付けてあるので指を指して注文できる。

ヌムチーチャーイは、プノンペンやシェムリアップなどの町なら、路上の屋台や市場のなかで食べることができます。屋台・市場を問わず、鉄板の上でうっすらとニラの緑が透けて見える円形の白い餅のようなものを焼いているのですぐにそれだとわかります。その場で皿に盛ってもらってアツアツを食べるのもよし、お持ち帰りにしてゆっくり味わうもよし。ニラがたっぷり入った健康的なおやつで、値段は1つ500リエルほど(約12円) と財布にも嬉しいから、思わず顔がほころんでしまいますよね。

注文もジェスチャーを使えば簡単、簡単!

鉄板の上で焼かれるのを待つヌムチーチャーイ。 鉄板の上で焼かれるのを待つヌムチーチャーイ。

注文の際に言葉の問題を気にする方がいるかもしれませんが、一つ欲しければ人差し指を立てて「1」と見せれば言葉なんていらずに注文できます。また、プノンペンのロシアンマーケットやセントラルマーケット、シェムリアップのオールドマーケットなどなら、たいてい簡単な英語が通じるので安心でしょう。わからなければ筆談でもOKです。おいしくて安いヌムチーチャーイをぜひ味わってみませんか?

【関連情報】

■ヌムチーチャーイ
買える場所:プノンペン市内のおもな市場や路上の屋台
価格:1つ500リエル(約12円)程度

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/08/27)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索