page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
カンボジア・プノンペン・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

定番モノからこだわりのセレクト品まで。プノンペンでお土産を買うならココ!


お土産購入は一気に済ませたい方にぴったり

食品系から雑貨・小物系のお土産までセンスよく並べられた店内。一部の食品系商品は試食も可能なので、日本語を話せるスタッフさんにぜひ一声掛けてみて。 食品系から雑貨・小物系のお土産までセンスよく並べられた店内。一部の食品系商品は試食も可能なので、日本語を話せるスタッフさんにぜひ一声掛けてみて。

海外観光中に真っ先に押さえておきたいのが、お土産の購入場所。お世話になっている職場の人などに配れる個数充実のアイテムだけでなく、大切な人には気の利いた一品を探したいという方も多いのではないでしょうか。そんな方々に、あらゆるお土産が一度に揃うお店、「Souvenir Select」をご紹介します。プノンペンのシンボルである独立記念塔から徒歩5分という、アクセス抜群の場所にあるこちらのお店。日本人夫妻が運営しており、日本語を話せるスタッフさんもいるので、安心してお買い物ができます。

押さえておきたい食品系はバッチリ揃う!

下段左手:ミル入り胡椒。ベトナム国境に近いMemotという地で生産された新鮮なブラックペッパーが詰まっている。上段中央:「ペッパーピクルス」。手のひらサイズの小瓶に入っていて渡しやすい。 下段左手:ミル入り胡椒。ベトナム国境に近いMemotという地で生産された新鮮なブラックペッパーが詰まっている。上段中央:「ペッパーピクルス」。手のひらサイズの小瓶に入っていて渡しやすい。

カンボジアの名産品は、なんと言っても胡椒です。お店の方にお聞きすると、人気のお土産第1位は、ミル入り胡椒だそう。その場で挽きたての味を楽しんでもらえるのがよいですね。胡椒の実が房のまま入った「ペッパーピクルス」は筆者のお勧め。塩気と辛味が絶妙なバランスで、一粒でもピリッとした刺激を味わえます。ビール党の方には、カンボジアの缶ビールと一緒に渡したら、きっと喜ばれることでしょう。そのほか、カンボジア産コーヒーや、個包装されていて職場で配りやすいクッキー等のお菓子も入手できますよ。

用途無限!伝統の万能布「クロマー」の魅力

最上段右手:チェック柄が定番の「クロマー」。お土産は色違いで複数枚購入し、好きな色を選んでもらうのも楽しい。 最上段右手:チェック柄が定番の「クロマー」。お土産は色違いで複数枚購入し、好きな色を選んでもらうのも楽しい。

カンボジアへ観光に訪れたら1度は目にするであろう「クロマー」も、カンボジアならではのお土産。単なる布ではありません。「クロマー」は、伝統的な手法で一枚一枚手織されたコットン製の織物で、現地の人達にも昔から日常的に使われているもの。敷物や手拭いとして使っても、風呂敷のように物を包んでも、ファッションのワンポイントとして首に巻いてもOK。吸水性がよく、暑い時には汗拭きや日除けとしても使えますよ。「クロマー」のお土産を渡す時には、使い方も一緒に伝えてあげましょう。

見た目もかわいい女性が喜ぶグッズの数々

オーナー夫人セレクトの女性が喜ぶお土産コーナー。綺麗になれそうな予感がするアイテムが充実! オーナー夫人セレクトの女性が喜ぶお土産コーナー。綺麗になれそうな予感がするアイテムが充実!

思わず食べてしまいたい程みずみずしくフルーティな色合いの石鹸から、リップバーム、ボディスクラブ、ハーバルマッサージボールなど、女性が大好きな美と健康を意識した商品も充実。カンボジア産ハーブを使い、体調に合わせて4種類から選べるハーブティーや、椰子のお酢をベースに作られたフルーツビネガーなど、体に染み渡るアイテムも。女性に何を渡したらよいか分からないという男性の方は、オーナー夫人が女性目線でセレクトした品々が並ぶコーナーへ。間違いなく女心をくすぐる一品を選べますよ。

店舗情報

緑の芝と涼しげなブルーのゆりかごが目印 緑の芝と涼しげなブルーのゆりかごが目印

■Souvenir Select
Facebookページ:https://www.facebook.com/SouvenirSelect/
住所:No.31, St.268, Sangkat Chaktomuk, Phnom Penh, Cambodia
TEL:+855 (0)95 205 645
営業時間:8:30〜19:30
定休日:なし

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/06/29)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索