page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
カンボジア・プノンペン・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

カンボジア・プノンペンのローカルマーケット4選!溢れる熱気を体感しよう


ローカルマーケットなら、日用品からお土産物まで何でもござれ

色とりどりの野菜や果物が並ぶマーケットは、東南アジアらしさ満点のフォトジェニックスポット。 色とりどりの野菜や果物が並ぶマーケットは、東南アジアらしさ満点のフォトジェニックスポット。

カンボジア人にとっては日々の食事をとる台所であり、日用品の調達先でもある場所。活気に満ちたローカルマーケットは、現地の人々の日常を肌で感じられる貴重なスポットです。旅行者にとっては、手頃な観光土産を見繕ったり、屋台でローカルフードを堪能できる観光スポットと言ってもよいでしょう。衣食住に必要なものは一通り揃うマーケットが主要地区ごとに存在する首都プノンペンでは、マーケットを中心として街が広がっているような側面も見受けられます。扱う商品の得意分野が市場ごとに若干異なるのも注目すべき点。観光中に一度は訪れたい、プノンペンの主要ローカルマーケット4選をご紹介します。

お土産品が勢揃い!真っ先に立ち寄りたいセントラルマーケット

フランス植民地時代の1937年に作られたというアールデコ様式の建築。ドーム状に膨らんだ中央部には、貴金属の入ったきらびやかなショーケースがずらり。 フランス植民地時代の1937年に作られたというアールデコ様式の建築。ドーム状に膨らんだ中央部には、貴金属の入ったきらびやかなショーケースがずらり。

名前の通りプノンペンの臍的な存在であるセントラルマーケット。ワットプノン、王宮、リバーサイドといった主要な観光名所からほど近く、地元の人々とともに観光客も一段と多くみられる市場です。シンメトリーに広がる黄色い建物の四方のエリアには、日用品やお土産物を扱う店舗が連なっています。カンボジア土産の定番である、Tシャツ、スカーフ、雑貨、小物などの購入ならおまかせあれ。客引きの声も多いですが、まとめ買いによって1品の単価を下げるなどして、納得がいくまで交渉しましょう。一角には屋台が並ぶコーナーも。カンボジア名物で水分補給と腹ごしらえをしながら、お土産品の物色といたしましょう。

ファッションアイテム目白押しのオリンピックマーケット

様々な服飾品店が買い付けにくる問屋的な役割を持つオリンピックマーケットは、品揃えも豊富。 様々な服飾品店が買い付けにくる問屋的な役割を持つオリンピックマーケットは、品揃えも豊富。

衣類、バッグ、靴などを調達するならオリンピックマーケットへ。エスカレーターつきの4階建ての建物にぎっしりと店舗が並んでいます。自分用のお土産にTシャツやパンツなどを探してみては?掘り出し物が見つかるかもしれません。オーダーメイド文化が浸透しているカンボジアでは、好みのカスタマイズ服を既製品よりも安く入手できることも。生地店と縫製店の両方が同居している市場では、セレモニードレスをオーダーする人々も多くみられます。お気に入りの布を購入し、仕上がりイメージの画像や実物を持っていくと、似たような形で作ってもらえます。旅行の記念に、オーダーメイド服を作ってみるのはいかがでしょうか。

プノンペン市民の日常が詰まったオルセーマーケット

地元の人々でごった返す階段部。ローカルマーケットならではの雑多で賑やかな雰囲気を存分に感じられます。 地元の人々でごった返す階段部。ローカルマーケットならではの雑多で賑やかな雰囲気を存分に感じられます。

よりローカルな雰囲気を感じたければ、オルセー市場へ。長距離バスターミナルの近くにある3階建ての建物に並ぶのは、家電製品、DIY用品、業務用食材、雑貨など多種多様な品々。買い付けに訪れる商店オーナーの姿もみられ、現地の人々の日常を垣間見るのに最適なスポットといえるでしょう。観光客の方々にとっては2階以上が見どころ。プチプライスの時計、コスメ、アクセサリーなどが勢ぞろい。特に女性が喜びそうな手頃なお土産品が見つかるかもしれません。市場の周辺には、自転車店や縫製店などが集まるゾーンも。同業の店舗が一箇所に集中して並ぶカンボジアの市場の典型的なスタイルを見ることができる場所でもあります。

一点物や珍しいお土産品が見つかるトゥールトンポンマーケット

通称「ロシアンマーケット」とも呼ばれるこちらの市場の近くには、かつてロシア人がたくさん住んでいたとか。 通称「ロシアンマーケット」とも呼ばれるこちらの市場の近くには、かつてロシア人がたくさん住んでいたとか。

一風変わったお土産を探すなら、市街地南部にあるトゥールトンポンマーケットへ。骨董品、絵画、ヴィンテージレコードなどのこだわりの品が豊富に揃っており、年代物の土器や硬貨などが売られているお店も。目利きの骨董コレクターも足を運ぶような場所です。一般的なTシャツ、ワンピース、パンツ、スカーフ、雑貨、小物といったお土産品も一通り揃うのがうれしい市場。ローカルな雰囲気たっぷりのフードコートも併設されているので、買い物の合間に汗をかきながら食事してみるのもよいかもしれません。ごった煮感が楽しいローカルマーケットで、カンボジアの熱気を感じてみませんか?

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2021/02/07)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索