page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

カンボジアショッピング・お土産ガイド

カンボジアのショッピング情報

カンボジアの名産といえるのが、手織りのシルクだ。タイのシルクやインドネシアのイカット(絣)にも引けを取らないと評価が高い。絹絣の布には、さまざまな色や模様があり、見ていると欲しくなるだろう。観光エリアなら英語も通じる店も多いので、のぞいてみよう。プノンペンのセントラルマーケットでは手ごろなスカーフで800円程度。3日ほどあれば、ブラウスやスカートの上下も作ってもらえる。そのほかにも、クメールの仏像のレプリカ、木彫り、置物、アクセサリー、バッグ、クッキーなども定番のお土産だ。(2015年編集部調べ)


カンボジアの通貨・チップ・クレジットカード

●通貨
カンボジアの通貨はリエル(Riel)。硬貨はなく、すべて紙幣で、種類は50〜10万リエルまであり、同じ金額の旧札も混じることがあるので注意。観光地のホテルやレストラン、ショップでは、たいていUS$もそのまま使える。
●チップ
高級ホテルや高級レストランでない限り、基本的には不要。高級レストランなどでは、高くても支払い金額の10%程度。高級ホテルでポーターサービスやルームサービスを頼んだりした時は、US$1程度。
●クレジットカード
外国人が良く利用する一部のホテルやレストランのみで、まだそれほどは普及していない(とくに地方)。ATMでのキャッシングは、リエルかUS$かどちらか選べる。


現地ガイド発!カンボジアのショッピング・お土産最新情報

2018/12/17 ショッピング

お土産はストーリーとともに贈ろう!カンボジアのエシカルグッズブランド4選

カンボジア旅行イメージ-ご紹介するエシカルグッズはいずれも、女性を中心としたカンボジア人職人によって手作業で作られています。以前は性労働や劣悪な条件下での工場労働で搾取されていた女性達も、今では安全な労働環境、適正賃金を得ることができ、生き生きと働いています。 ご紹介するエシカルグッズはいずれも、女性を中心としたカンボジア人職人によって手作業で作られています。以前は性労働や劣悪な条件下での工場労働で搾取されていた女性達も、今では安全な労働環境、適正賃金を得ることができ、生き生きと働いています。

誰が、どこで、どのような想いを込めて作ったものなのか。贈り物をもらった時、作り手の顔をイメージできるような話を聞くと、ほっこり心が温まりませんか?人・環境・社会に配慮された製品として近年注目を浴びるエシカルグッズは、お土産にもぴったり。現地で作られる素材を適正価格で仕入れ、現地の職人を雇用するなど細部にまでこだわって作られているからこそ、製品には心を動かすストーリーが詰まっているのです。今回は、デザイン性にも優れ、お土産にしたくなるアイテムが盛りだくさんの、カンボジアのエシカルグッズブランドをご紹介します。続きを見る



カンボジアのショッピングスポット


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


カンボジアショッピング・お土産の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるカンボジアの特産品やクレジットカード、アウトレット情報が満載。
カンボジアのショッピング・お土産なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!