シェムリアプグルメ・料理ガイド

シェムリアプグルメガイド

シェムリアプのグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示
 

カンボジア料理は、周辺のタイ、ベトナム料理などに影響を与えたともいわれるほど、食文化が豊かだ。レストランの数も多く食事をする場所には困らない。タイ料理のように辛いものは少なく、野菜を多く使った料理は日本人の口にも合う。おすすめは「チュナン・ダイ」というカンボジアの鍋料理。様々な具が選べ専門店もある。シェムリアプでは伝統的なカンボジア料理のほかに、トンレサップ湖で獲れるナマズなどもメニューに並ぶ。観光客向けの屋台街もあり、グルメなら地元の郷土料理も味わってみたい。(2015年編集部調べ)


シェムリアプのレストラン・屋台

レストランが特に集まっているのは、オールド・マーケット周辺。メインのシヴォタ通りを中心に細い路地まで様々な店が並ぶ。またオールド・マーケットの北側には「パブ・ストリート」と呼ばれている飲食店が集まるエリアがあり、世界中からやってきた観光客で夕方から深夜までにぎわうナイトスポットとなっている。屋台では、チャーハンや麺料理や、日本のみつ豆のような甘味、またその場で作ってくれるフルーツシェークなどが味わえる。

シェムリアプの水・お酒

水道水は飲料には適していない。外食する場合も衛生状態に問題がある場合も多いので、必ずミネラルウォーターを買ってを飲むようにしたい。水やドリンク類は町のスーパーや商店などで購入できる。お酒で一番ポピュラーなのは国産ビールの「アンコールビール」だ。屋台やカフェでは注文してから作ってくれるフルーツジュースやフルーツシェークが人気だが、衛生面で心配な人は、瓶入りや缶入りの清涼飲料水を頼むといいだろう。昼間は気温が高く、こまめな水分補給を心がけたい。


現地ガイド発!シェムリアプのグルメ・料理最新情報

2014/09/20 グルメ

地元の朝ごはんを食べてから出かけよう(東南アジア編)

シェムリアプ旅行イメージ-地元の朝ごはんを食べてから出かけよう(東南アジア編) 地元の朝ごはんを食べてから出かけよう(東南アジア編)

普段の朝ごはんを食べない方でも、海外へ出かけたら食べることをお勧めします。その理由は・・・その1、宿泊代に料金が込みなら、食べないと勿体ない。その2、観光するには体力がいるので、朝から体を目覚めさせるため。その3、その国の食文化を知るため。その4、定番の朝食こそ、昼食や夕食には出てこない、その国ならではの一番美味しいものが食べられる。食いしん坊の私は、その4を強く主張します。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


シェムリアプグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるシェムリアプの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
シェムリアプのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!