page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

シェムリアプグルメガイド

シェムリアプのグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示
 

カンボジア料理は、周辺のタイ、ベトナム料理などに影響を与えたともいわれるほど、食文化が豊かだ。レストランの数も多く食事をする場所には困らない。タイ料理のように辛いものは少なく、野菜を多く使った料理は日本人の口にも合う。おすすめは「チュナン・ダイ」というカンボジアの鍋料理。様々な具が選べ専門店もある。シェムリアプでは伝統的なカンボジア料理のほかに、トンレサップ湖で獲れるナマズなどもメニューに並ぶ。観光客向けの屋台街もあり、グルメなら地元の郷土料理も味わってみたい。(2015年編集部調べ)


シェムリアプのレストラン・屋台

レストランが特に集まっているのは、オールド・マーケット周辺。メインのシヴォタ通りを中心に細い路地まで様々な店が並ぶ。またオールド・マーケットの北側には「パブ・ストリート」と呼ばれている飲食店が集まるエリアがあり、世界中からやってきた観光客で夕方から深夜までにぎわうナイトスポットとなっている。屋台では、チャーハンや麺料理や、日本のみつ豆のような甘味、またその場で作ってくれるフルーツシェークなどが味わえる。

シェムリアプの水・お酒

水道水は飲料には適していない。外食する場合も衛生状態に問題がある場合も多いので、必ずミネラルウォーターを買ってを飲むようにしたい。水やドリンク類は町のスーパーや商店などで購入できる。お酒で一番ポピュラーなのは国産ビールの「アンコールビール」だ。屋台やカフェでは注文してから作ってくれるフルーツジュースやフルーツシェークが人気だが、衛生面で心配な人は、瓶入りや缶入りの清涼飲料水を頼むといいだろう。昼間は気温が高く、こまめな水分補給を心がけたい。


現地ガイド発!シェムリアプのグルメ・料理最新情報

2019/03/07 グルメ

肉好き必見!シェムリアップでシュラスコ、クロコダイル料理を楽しむなら

シェムリアプ旅行イメージ-シェムリアップで複数のレストラン・カフェ・ホテル・スパなどを経営するTEMPLEグループによって、2018年12月にオープン。一大グループならではの仕入れルートが生かされており、デザートなどのサイドメニューも充実しているのが嬉しいところ。 シェムリアップで複数のレストラン・カフェ・ホテル・スパなどを経営するTEMPLEグループによって、2018年12月にオープン。一大グループならではの仕入れルートが生かされており、デザートなどのサイドメニューも充実しているのが嬉しいところ。

「アンコール・ワット」のお膝元である、観光都市シェムリアップ。飲食店がずらりと並ぶ繁華街「パブストリート」の入り口に、一段と目を引くレストラン「The Chef 1950 n Steakhouse」がオープンしました。店内に一歩足を踏み入れると目に入るのは、赤や黄色のビビッドなパイプが張り巡らされた異空間。ステーキと中華料理をメインに提供するお店ですが、他ではなかなか食べられない変わったメニューもあり、旅の思い出を彩ってくれること間違いなしの注目スポットです。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


シェムリアプグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるシェムリアプの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
シェムリアプのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!