page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
カンボジア・シェムリアプ・家族で海外旅行の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

子どもと体験するコミュニティーのためになるカンボジアの旅


地雷をみつけるヒーローネズミに会えるAPOPO

www.apopo.org www.apopo.org

カンボジアといえばアンコールワット遺跡があまりにも有名ですが、せっかく行くのだったらそれ以外のことも体験したいと思いませんか?自分のために学習もできて、コミュニティーのためにもなることがいくつかあります。街中からアコールワット遺跡に向かう途中にあるAPOPOとは1997年にベルギーで発足したネズミを使って地雷を取り除くNGO団体。カンボジア旅行中に義足の人を目にする機会もあると思いますが、現在でもカンボジアを含め60カ国で内戦中に埋められた地雷に苦しんでいる人たちがいます。被害者の多くは知らずに走りまわる子どもたち、2016年には1544人の子どもが地雷の犠牲になり亡くなりました。カンボジアに地雷を察知できるHeroRATというネズミが上陸したのは2015年4月のことです。現在は29匹がカンボジア各地の地雷地域で活動し、2018年には1年間で90の地雷と98の不発弾を察知しました。2018年初旬にビジターセンターをオープンし、多くの人に地雷やこのネズミについて知ってもらい、研究をもっと進める資金集めができるよう45分間のツアー(一人US$5)を実施しています。

Rehash Trashでゴミが素敵なものに変身

www.rehashtrash.org www.rehashtrash.org

シェムリアップのサウスサイドののどかなところに位置するRehash Trashはビニール袋のゴミを減らし、女性の社会進出のためにできた団体です。
カラフルなビニール袋をリサイクルして使い、カバンやカゴを編むことによって貧困に苦しむ女性にも収入が得られるチャンスが与えられるのです。ショップですでに出来上がったコースターやランチョンマット、カゴやカバンなどを購入することもできますが、時間があったらワークショップに参加するのもおすすめです。2時間のワークショップではUS$8で、キーホルダーかコースターの作り方を教えてもらいます。経験豊富な村のお母さんたち(スタッフ)が丁寧に教えてくれるので、言葉が通じなくても見よう見まねで何とかなるもの。ローカルな雰囲気に楽しいひとときを過ごせること間違いなしです。

大迫力のパフォーマンスPhare

www.pharecircus.org www.pharecircus.org

サーカステントの中で繰り広げられるオリジナリティー溢れるアクロバットや音楽のパフォーマンスは目の前で見られて大迫力。サーカスといっても動物は登場しません。このパフォーマーはクメールルージュの難民だった9人のカンボジア人により設立された学校の卒業生によるものです。この学校ではストリートチルドレンなどの恵まれない子どもたちが通える無料の演劇や音楽を教え、現在までに1200人が卒業し、それぞれの職業についています。敷地内にはカンボジアの特産品を販売しているギフトショップやレストランもあり、ショー開始の2時間前から開いています。ショーの開始時間は毎晩17時と20時。チケットはオンラインで購入するか、ホテルのコンシェルジュや旅行会社でも購入できます。料金はA席US$38、B席US$28、C席US$18で5歳以下は無料。学校運営に使われる寄付金もショーの最後に集めています。

食べることでヘルプできる職業訓練レストランHaven

www.havencambodia.com www.havencambodia.com

静かなサウスサイドにある隠れ家的レストランはスイス人がスイスの研修プログラムを使って、カンボジアの孤児院や恵まれない環境で育った青年たちの経済的自立を目指した職業訓練をしています。カンボジア人のヘッドシェフと20人の研修生によるサービスやお料理はカンボジア滞在のハイライトになるでしょう。研修生は一年間の研修を受けたあと、4か月のインターンを経て、新しいレストランに就職する道ができています。毎年15人受け入れているので、次回行く機会があったら違う青年が同じ笑顔で迎えてくれることでしょう。隠れファンが多いこのレストランではオンライン予約をした方がベター。レストランを出るときのお客さんがみんな笑顔という、食べてハッピーになれる場所なのです。

アンコールワット群を自転車で発見

www.grasshopperadventures.com www.grasshopperadventures.com

遺跡巡りって、子どもにとってはそれほど魅力的なものではないですよね。自転車に乗って、田んぼのあぜ道や村の人たちに手を振りながらの遺跡観光は別のはずです。ただ走行距離が30キロのツアーなので、小さい子どもや日頃運動不足の人には向いていません。小学生用の自転車もあるので、体力さえあれば参加できます。裏道や村を通りながらアンコールワット、アンコールトム、タプロームをまわります。途中、おやつの時間にはフルーツを食べ、ランチはローカルなレストランでカンボジア料理を参加者みんなでいただきます。のどかな村では小さい子どもが寄ってきて大きな声で「ハロー」と言って手を振ってくれ、自分の顔もアンコールトムの四面仏のように穏やか表情になっていることでしょう。ツアーは要予約。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/05/18)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索