page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
カンボジア・シェムリアプ・世界遺産の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

カンボジアのガンジス川!?クバールスピアンで心身を清めよう


聖水が湧き出るシェムリアップ川上流の遺跡

川底から浮かび上がる巨大リンガ(奥)と、ブラフマー神の彫像(手前)。川辺・川底に点在する水中遺跡を探しながら歩いていきましょう。 川底から浮かび上がる巨大リンガ(奥)と、ブラフマー神の彫像(手前)。川辺・川底に点在する水中遺跡を探しながら歩いていきましょう。

アンコールワットから北東に約50km。11世紀中頃に開かれたクバールスピアンは、シェムリアップ川の源流に位置する遺跡です。ヒンドゥー教やインドの宇宙観の影響を受けた聖地が多数置かれたアンコール王朝時代。シェムリアップ川はインドの聖なるガンジス川になぞらえられており、川の水は汚れを洗い流し、病気を癒し、幸福をもたらすと考えられていました。上流にあるクバールスピアンは、清らかな水を生み出す水中遺跡でも有名です。シェムリアップ市街地から少し足を伸ばし、浄化の旅へ出かけましょう。

苔むした巨大砂岩が立ちはだかる山道をトレッキング

人気がなくひっそりとした山道。脇道にそれてしまうと地雷原もあるため、ガイドとともに観光することをおすすめします。 人気がなくひっそりとした山道。脇道にそれてしまうと地雷原もあるため、ガイドとともに観光することをおすすめします。

入り口から水中遺跡のある辺りまでは、大きな砂岩に挟まれた山道を約40分かけて登っていく必要があります。天然の岩でできたステップは、足を高く上げないと登れない箇所もあり、登山は見た目以上にハード。適度に休憩しながら進んでいきましょう。観光客が殺到する場所ではないため、辺りを包み込むのは静けさのみ。岩に絡みつくように生育する木々を横目に登っていくと、大いなる生命力を肌で感じることができるでしょう。ちょろちょろと川のせせらぎが聞こえてきたら、遺跡付近に近づいてきたサインです。

清らかな岩場の舞台で繰り広げられる神々の物語

川辺の岩にみられるのは、ヒンドゥー教ヴィシュヌ派における創世神話に基づくモチーフ。創造神ブラフマー誕生のシーン(上段左側)。 川辺の岩にみられるのは、ヒンドゥー教ヴィシュヌ派における創世神話に基づくモチーフ。創造神ブラフマー誕生のシーン(上段左側)。

クバールスピアンのハイライトである水中遺跡群。川辺のゆるやかな斜面には、円で表現された無数のリンガとともに、ヒンドゥー教の神々の姿がはっきりと彫り込まれています。繰り返し現れるモチーフは、蛇王アナンタの上に横たわって眠るヴィシュヌ神と、ヴィシュヌ神の臍の辺りから伸びる蓮の花の上で瞑想する創造神ブラフマー。そのほか、聖牛ナンディンに乗るシヴァ神の姿なども。涼やかな水流と、岩々の段差を利用した立体感のある彫刻群によって、見事な空間美が生み出されています。物陰に隠れた岩にも彫刻が施されていることがあるので、四方をくまなく探してみましょう。

川底のリンガがパワーを放つ天然の浄水場

川底を埋め尽くすリンガの数々と、ヨニの内部と周辺に配置されたリンガ。 川底を埋め尽くすリンガの数々と、ヨニの内部と周辺に配置されたリンガ。

神々の彫刻が集まるゾーンから少し下流に向かうと、おびただしい数のリンガが川底に出現します。水面からはっきりと顔を覗かせるのは、正方形の口が開いたようなヨニの内外に配置されたリンガ。豊穣・多産のシンボルであるリンガを川底に並べることで、水が清められると信じられていたそう。ここで浄化された聖水が国土に浸透していき、大農業国家であったアンコール王朝に恵みをもたらしていたのです。水に込められた人々の願いをひしひしと感じられるクバールスピアン。滝壺のパワースポットがある聖山プノンクーレンと併せて訪問してみてはいかがでしょうか。

遺跡情報

無造作に転がる岩の壁面にも思いがけず彫刻が。宝探しのように隅々までチェックしてみましょう。 無造作に転がる岩の壁面にも思いがけず彫刻が。宝探しのように隅々までチェックしてみましょう。

■クバールスピアン
場所:シェムリアップ市街地より北東に約50km。車で所要約1時間30分。
開園時間:7:00〜17:30 ※入山は15:00まで
休園日:なし
入場料:アンコール遺跡共通チケット「アンコールパス」(1日券:37USD、3日券:62USD、7日券:72USD)で入場可 ※2020年2月現在

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/03/18)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索