日本人が主導するカンボジア絹織物の復興

カンボジアを代表する遺跡アンコールワットを擁するシェムリアプ。この町から車で約1時間ほど行ったピアックスナエンという地域に「伝統の森」があります。ここは日本人の森本喜久男さんが設立したユニークな場所で、自給自足的な染め織りを可能とした工芸村とでもいえるものです。もともと京都友禅染の職人であった森本さんは、1995年にユネスコの依頼を受けカンボジアの絹織物を調査。そこで、20年以上に及んだ内戦がカンボジアの伝統織物に与えたダメージの大きさを知ることになります。優れた技術を持った織り手の多くが内戦で失われ、200種類以上もあった伝統的な絣のパターンも、織り手とともに失われていく状況だったのです。

カンボジア伝統織物の復興と活性化を目指す「伝統の森」 カンボジア伝統織物の復興と活性化を目指す「伝統の森」

「伝統の森」という試み

森本さんは、失われつつあった技術、道具、デザインなど代々継承されてきた伝統織物に関するあらゆるものを記録・収集し、カンボジアの伝統的絹織物を復興・活性化するために「クメール伝統織物研究所(IKTT)」を設立しました。1996年1月のことです。その後 IKTTの活動を通して伝統的絹織物の復興に携わるうちに、織物自体の再生だけではなく、織り手が住む村の暮らし、そして人々の暮らしを包み込む自然環境を再生させることの必要性を痛感しました。そしてそれを実現するための「場」として作り上げたのが、この「伝統の森」なのです。

興味があれば是非とも見学に

「伝統の森」の敷地は、現在23ヘクタールにも及びます。その半分は、素材を得るための木々の再生エリアです。この「伝統の森」は、現在では織り手とその家族が住む「村」として、行政から認可を受けるまでになっています。こじんまりとしながらも、自然と調和し、絹織物の生産のために自立完結した共同体。筆者も作業を見学させてもらいましたが、女性たちが赤ん坊を作業場であやしながら、楽しそうに仕事をしていたのが、とても印象的でした。シェムリアプからは車などをチャーターしなければ行けませんが、絹織物に興味のある人には一見の価値がある場所でしょう。

時間がなければシェムリアプ市内の工房へ

シェムリアプ市内にはIKTTのショップ兼工房(見学可)もあるので、「伝統の森」まで行くのが難しいという人はこちらを訪れてみるのも面白いでしょう。しっかりとした品質のものが揃い、日本人だけでなく欧米人からも好評を博しています。場所はシヴォタ通りを南に下り、道が川と合流するポイントからさらに500メートルほど行った右側です。