page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

観光スポット「アンコールワット」の旅行情報

アンコールワット

アンコールワット

名称:アンコールワット(カンボジア/シェムリアプ
ジャンル:世界遺産/観光スポット
分類:文化遺産
登録年:1992年

12世紀中ごろに繁栄を極めたクメール王国の都城を、クメール語でアンコールと呼ぶ。歴代の王が大規模な建設事業を行ったが、木造建築物はすでになく、現在残っているのは石造の寺院や神殿のみである。代表的なものがこのアンコールワットで、世界最大の石造寺院といわれている。アンコールワットは堀に囲まれた広大な敷地に、3つの回廊と5基の堂塔からなる。回廊には「マハーバーラタ」「ラーマーヤナ」の世界やヒンドゥー神話の天地創造の図、優雅なデバダ神などのレリーフが豪華かつ緻密に施され、圧倒される。神が降臨するとされた中央の尖塔

ここに行くツアーを探す

現地ガイド発!シェムリアプの観光スポット最新情報

2018/01/16 観光地・名所

アンコールワット観光の拠点シェムリアップとはどんな町? その1 急成長したシェムリアップ

シェムリアプ旅行イメージ-アンコールワット観光の拠点シェムリアップとはどんな町? その1 急成長したシェムリアップ アンコールワット観光の拠点シェムリアップとはどんな町? その1 急成長したシェムリアップ

東南アジア随一の巨大遺跡、アンコールワット。その観光の拠点となるのが、シェムリアップの町です。このエリアはクメール王朝時代からアンコール地方の中心地でした。ただし、当時は町の規模は大きくはなく、都といっても王宮の移動と共にこのエリア内で転々と移動していたようです。現在の町はその後のもの。近年までのシェムリアップは、カンボジアの地方都市といった感じで、フランス植民地時代のコロニアル建築の建物も残っています。しかしこの町が大きく発展したのは、アンコール遺跡への観光客が増えた1990年代末からでしょう。今回はそんなシェムリアップの町を紹介します。続きを見る



シェムリアプ旅行でぜひ訪れたい観光スポット


 

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook

 

アンコールワットへの旅行・ツアー参加前に要チェック!言語や気温や観光情報をはじめ、クチコミ・体験談や専門ガイドによる記事など現地情報が満載です。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。