合肥旅行・合肥観光徹底ガイド

合肥旅行・合肥観光徹底ガイド


合肥旅行・観光の見どころ・観光情報

後漢末期の三国興亡史「三国志」で「がっぴ」と呼ばれた合肥は、人口707万人を抱える安徽省の省都。上海から高速鉄道で3時間弱と便利な位置にある。市内の主な観光地は、「中国の大岡越前」と言われる北宋の名臣の包拯を祀った包公園、清朝末期の政治家である李鴻章一族が暮らした李鴻章故居や、三国志の古戦場跡である逍遥津公園など。郊外には、呉の名将の周瑜の墓がある。合肥は、三国志の呉のファンなら行ってみたいところだ。また、東バスターミナルからは世界遺産の黄山へのバスも多数でているので、黄山観光の際、合肥を訪れるのもおすすめ。(2016年9月編集部調べ)

ここに行くツアーを探す


合肥旅行・観光でぜひ訪れたい観光スポット


合肥の旅行基本情報

言語 通貨 フライト時間 現地との時差
中国語 CYN 約4.5時間 約-1時間

合肥旅行・観光の選び方

三国志ファンにおすすめ! 合肥を起点に訪れる呉と魏の史跡をめぐる旅!

合肥から世界遺産の黄山へのバスも出ているが、上海から鉄道やバスで直接入れるため、黄山を組み合わせたツアーは少ない。そのため、合肥を含むツアーは、三国志の史跡巡りが中心になる。ツアー期間は、5日間が一般的だ。三国志の主役のひとりである魏の曹操の故郷、河南省毫州を訪れ、曹操が作った毫州地下兵道(トンネル)などを見学するものもある。合肥では、逍遥津公園や周瑜の墓など、三国の呉にまつわる史跡を見学する。食事は、中国八大料理のひとつである安徽料理を楽しもう。とろ火の煮込み料理を得意とする安徽料理だが、食べなれていないとやや辛いかもしれない。(2016年9月編集部調べ)


合肥観光のこだわりポイント

三国志の遺跡を訪ねる遺跡
三国志の呉と魏にまつわる逍遙津公園、周瑜墓を訪ねる。曹操の故郷、毫州では曹操が残した地下道見学もできる。
中国の高速鉄道を体験鉄道の旅
上海から合肥は高速鉄道で移動するのが便利。中国版新幹線の「高鉄」も体験できる。鉄道マニアにもおすすめ。
珍しい安徽料理も堪能全食事付き
中国八大菜のひとつの安徽料理は、豊かな山の幸を使ったとろ火の煮込み料理を得意とする。味付けは日本人には辛い。
ここでしか味わえない料理伝統料理・名物料理
海のない安徽省の料理は筍や山菜を使った料理が多い。「黄山燉鴿」、「臭桂魚」などの名物料理も味わえる。
添乗員付きだから安心添乗員付き
日本から添乗員がついているので、トラブルが起きた時、日本語で状況を説明できるので心強い。

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


合肥旅行の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる見どころレポートや旬な情報のほか、合肥観光情報が満載。
合肥旅行を楽しむなら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。