合肥旅行・合肥観光徹底ガイド

合肥旅行・合肥観光徹底ガイド

合肥旅行・観光の見どころ・観光情報

後漢末期の三国興亡史「三国志」で「がっぴ」と呼ばれた合肥は、人口707万人を抱える安徽省の省都。上海から高速鉄道で3時間弱と便利な位置にある。市内の主な観光地は、「中国の大岡越前」と言われる北宋の名臣の包拯を祀った包公園、清朝末期の政治家である李鴻章一族が暮らした李鴻章故居や、三国志の古戦場跡である逍遥津公園など。郊外には、呉の名将の周瑜の墓がある。合肥は、三国志の呉のファンなら行ってみたいところだ。また、東バスターミナルからは世界遺産の黄山へのバスも多数でているので、黄山観光の際、合肥を訪れるのもおすすめ。(2016年9月編集部調べ)

合肥へ行くツアーを見る

言語 通貨 フライト時間 現地との時差
中国語 CYN 約4.5時間 約-1時間

合肥の人気問合せ情報

合肥の最安値カレンダー

合肥旅行・観光の選び方

三国志ファンにおすすめ! 合肥を起点に訪れる呉と魏の史跡をめぐる旅!

合肥から世界遺産の黄山へのバスも出ているが、上海から鉄道やバスで直接入れるため、黄山を組み合わせたツアーは少ない。そのため、合肥を含むツアーは、三国志の史跡巡りが中心になる。ツアー期間は、5日間が一般的だ。三国志の主役のひとりである魏の曹操の故郷、河南省毫州を訪れ、曹操が作った毫州地下兵道(トンネル)などを見学するものもある。合肥では、逍遥津公園や周瑜の墓など、三国の呉にまつわる史跡を見学する。食事は、中国八大料理のひとつである安徽料理を楽しもう。とろ火の煮込み料理を得意とする安徽料理だが、食べなれていないとやや辛いかもしれない。(2016年9月編集部調べ)


合肥のグルメ・伝統料理

安徽料理は中国八大料理のひとつ。安徽省には海がないので、合肥での食事は筍や山菜、川魚、野生動物を使った料理が多い。安徽料理はとろ火の煮込み料理を得意とし、とろみがあり、こってり濃厚な味付けが特徴。ケツギョに発酵した豆腐で味をつけた「臭桂魚」、黄山の鳩と山芋のスープ「黄山燉鴿」、発酵した豆腐を使った「毛豆腐」などの郷土料理はぜひ、試してみたい。また、合肥は「牛肉粉絲湯」、「鴨油焼餅」などの軽食類も豊富なので、B級グルメも楽しめる。(2015年編集部調べ)

合肥のショッピング情報

安徽省の省都だが、合肥の中心部はこじんまりしていて買い物もしやすい。淮河路歩行街(歩行者天国)の周辺に百貨店やショッピングモールが集中している。おすすめは「百盛購物中心」。海外ブランドものから生活雑貨までそろっているので、買い物に便利。この地下一階はスーパーになっていて、安徽省の特産品も売っている。書道好きなら安徽省特産の宣紙や宣筆を買うのもいい。合肥のゴマを使った伝統菓子「寸金」、「麻餅」などは、お土産にいい。(2015年編集部調べ)

合肥の気温・降水量ベストシーズン情報

四季がはっきりしている合肥旅行のベストシーズンは、お天気の日が続く9月下旬から11月。5月から6月は梅雨なのでおすすめしない。冬も晴天の日が多いが、かなり冷え込む。秋でも持っていく服装にパーカーやスカーフは必需。(2015年編集部調べ)

合肥のオススメツアー

合肥旅行・合肥観光徹底ガイド

ご希望にあうツアーがございませんでした。
申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

戻る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top