日本人にすっかりおなじみ「小籠包子」!

薄い小麦粉生地の中に熱々のスープが入った「小籠包子(シャオロンバオズ)」は、上手に食べるのが難しい。薄い生地からこぼれ出る熱々スープにやけどしそう。でも、メニューにあると食べたくなります。小籠包子は日本では「ショウロンポー」と上海語の読み方で呼ばれ、もうすっかりおなじみになりました。小籠包子は上海近郊の南翔が発祥の地と言われてますが、上海近郊なので上海名物として知られています。この小籠包子に見た目も味もそっくりな「灌湯包子(グアンタンバオズ)」というものがあります。

どっちがおいしい! 上海の小籠包子 VS 開封、西安の灌湯包子 どっちがおいしい! 上海の小籠包子 VS 開封、西安の灌湯包子

「灌湯包子」と「小籠包子」の違いは?

灌湯包子は陝西省西安や河南省開封のものが有名ですが、どちらが発祥の地かは謎です。灌湯包子の薄い生地の中は、熱々の肉汁たっぷりです。れんげにのせて、舌をやけどしないようにハフハフして食べます。小籠包子と灌湯包子の違いはわかりません。強いて言えば、タレでしょう。小籠包子は黒酢にしょうがの千切りをいれたタレで食べます。灌湯包子は黒酢に好みで辣油を入れます。上海では黒酢に辣油を入れるなんてあり得ません。タレの違いだけです。上海風に呼んだり、上海近郊で食べたら「小籠包子」で、陝西省や河南省で食べると「灌湯包子」と言うのかもしれません。

開封の名店で灌湯包子を食べたら、目からうろこ!

最近、やっと小籠包子と灌湯包子の違いがわかりました。開封で人気ナンバー1の「黄家老店」で灌湯包子を食べた時です。開封で灌湯包子と言えば、「第一楼」が有名ですが、地元の人なら誰もが「第一楼は有名だけど、観光客が行くところ。地元の人間が行くのは黄家老店」と言います。黄家老店に行くと、地元人らしい人たちで平日の昼間だというのに、いっぱいでした。運びやすいように持ちてがついた蒸籠には、クラゲの頭そっくりな灌湯包子が10個。これで18元(約360円)。薄い生地なので、破れないように糸で編んだ敷物の上で、きれいに並んでいました。れんげにのせて、生地を一口かじって、中のスープをすすると小籠包子と味が違う!

上海料理の特徴が好きかどうかがポイント

日本人ファンも多い上海名物の「生煎餅饅頭」は一口焼き包子です。表面を脂で焼いているので、カリッと香ばしく、一口かじると中から肉汁がジュワーと流れでてきます。小籠包子を食べても、生煎饅頭を食べても、肉汁も豚肉もちょっと甘いことに気づきます。これが上海料理の特徴です。上海周辺は酒、酢、醤油などの醸造品の産地です。甘いお醤油味を好みます。小籠包子も生煎包子も具の豚肉の味付けに砂糖を使います。灌湯包子を食べる地域では豚肉の味付けに砂糖を使いません。これが味の違いになっています。私は灌湯包子のほうがすっきりしているので好きです。どっちを食べてもおいしいことには違いはないんですが、あなたはどっち派?