page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

元陽グルメガイド

元陽のグルメ・伝統料理

雲南料理はお隣の四川料理の影響を受けている。四川料理の「麻(しびれる)」のような辛さはないが、唐辛子はかなり入っている。雲南省で朝や昼の食事に食べる米線は米で作った麺のようなもの。米線、汁、具が別々に出てくる過橋米線はぜひ、食べてみたい。紅河ハニ族イ族自治州一帯で食べられている郷土料理としては焼き豆腐がある。発酵させた豆腐を炭火で焼き、唐辛子と油のタレで食べる。また、ハニ族やイ族などの少数民族グルメも楽しめる。 (2015年編集部調べ)


元陽のレストラン・屋台

元陽新沙鎮は山上の小さな町なので、立派なレストランはないが、郷土料理を食べられる店は多い。雲南省名物の美味しいきのこをふんだんに使った鍋料理もあるが、きのこを使った料理は非常に辛いので日本人は注意が必要。もともとは建水名物だけれど、紅河ハニ族イ族自治州一帯に広まっている焼き豆腐の屋台は数も多く、美味しい上に安いのでぜひ、食べてもらいたい。ハニ族が経営するハニ族料理を楽しめる食堂もあるので、食事には困らない。

元陽の水・お酒

中国の水道水は、そのままでは飲めない。飲む場合は必ず沸かしてから飲む。ペットボトルのミネラルウオーターはガスなしが多いけれど、種類も豊富。スーパーや小さな売店など、どこでも簡単に手に入る。偽物が出回っているので、極端に安いものや路上の物売りなどからは買わないほうがいい。お酒はビールや白酒がよく飲まれる。最近は北京の「雪花」ビールが飲む人が多いが、メコン川という名前の雲南省のビールを見つけたら、それを飲んでみよう。


現地ガイド発!元陽のグルメ・料理最新情報

2016/09/06 グルメ

世界遺産の元陽の棚田に行ったら、おいしい赤い米線を食べてみよう!

元陽旅行イメージ-世界遺産の元陽の棚田に行ったら、おいしい赤い米線を食べてみよう! 世界遺産の元陽の棚田に行ったら、おいしい赤い米線を食べてみよう!

「米線は、この赤いのがおいしいね〜。昆明の米線みたいに白いのは米線とはいえないよ。米線は、赤いのに限るよ」と、私が雇ったドライバーさんは言います。「この米線のどこが赤やねん?」と、私には白にしか見えません。「米線(ミーシェン)」とは、米で作った米粉のことです。中国の西南部に位置する雲南省では、米線は、定番の朝ごはんです。雲南省の南部はラオスやベトナムと国境を接しています。1年を通して穏やかな気候の米どころです。主食は、もちろんお米で、麺よりも米線のほうをよく食べます。続きを見る


元陽のグルメ・料理ガイド記事

元陽の記事一覧を見る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


元陽グルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる元陽の伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
元陽のグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!