page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・北京・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

夏の北京を元気に乗り切る!必須アイテム「清涼油」


掲載日:2007/07/06 テーマ:ショッピング 行き先: 中国 / 北京

タグ: お土産 ショッピング 名物


すっきり気分になれる「清涼油」

清涼油の一つ「白花油」 清涼油の一つ「白花油」

万里の長城など、真夏の太陽の下、長い階段をのぼったり、坂道を歩いたりしていると、頭がボーっとふらついてくることがあります。そんな時、北京の人たちが特効薬として使うのが「清涼油」。薄荷などを原料に抽出した植物系オイルで、ビンをあけるとスーッと涼しい匂い。同仁堂など漢方薬店に入ると、5〜6種類くらい置いてあります。どれもみな小型で携帯に便利。北京の人たち、夏の外出や登山には、持ち歩く人も多いのです。

清涼油の北京的夏バテ使用法は?

さて、どう使う?
一つは、額の両側、こめかみの部分に清涼油を塗りこんで、マッサージ。ふらついた頭がすっきりしてきます。もう一つ、速攻効果を期待したい場合には、鼻の穴の下に清涼油をチョン、チョンとつけてみます。蒸発した清涼油のエキスが鼻の穴から吸い込まれていって、これはもうダイレクトな効果。実は、この方法、夏の登山で貧血が起きそうになった時、北京の友人が教えてくれた清涼油の技なんです。

パソコンを使うハードワーカーにもお勧めしたい

実はこのスーッとすっきりの清涼油、伝統の健康グッズでありながら、21世紀の私達の暮らしにもぴったり。徹夜明けのボーッとしている時、こめかみにつければ、集中力が復活。パソコンを駆使するハードワーカーにもぴったりで、手が疲れた時、手首につけてもんだり、首すじ、肩などにつけてマッサージも素敵。夏のお出かけ時にはもちろんですが、私のデスクのひきだしには、いつも清涼油、入ってます!

お疲れ気味の友達のお土産にもぴったり!

夏の登山や外出だけでない、PCのハードワーカーにもぴったりの清涼油、実はおみやげにもぴったりです。なんせ、軽い!小さい!安い!(笑)
1本5元前後(日本円)なので、大勢の人にばらまかなければいけない時にも助かります。それに意外にビンのデザインが伝統的な柄で、中国の物産感が漂っていますよね。おみやげにあげる時は、「夏の登山や外出にもいいけど、PCで疲れた手首や首筋にぬってマッサージすると気持ちいいよ〜」。喜ばれますよー。ただ、敏感肌の人は最初は少しだけつけて、試してみてから、本塗り、にしてくださいね。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/07/06)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索