page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・北京・歴史の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

伝統の水辺風景を楽しもう!元代から続く湖「什刹海」


掲載日:2007/07/20 テーマ:歴史 行き先: 中国 / 北京

タグ: 寺院 癒し


水のまわりの庶民の生活ぶりが見える「什刹海」は元代から続く歴史ある湖

元代から運河の終点としてにぎわった「什刹海」は、水浴びの様子など民の水辺の暮らしぶりも垣間見えます 元代から運河の終点としてにぎわった「什刹海」は、水浴びの様子など民の水辺の暮らしぶりも垣間見えます

夏の観光では、水辺の風景が恋しくなりますね。北京では水辺の風景といえば、故宮の北側にある湖「什刹海」(シ・チャ・ハイ)。ここは「前海」「後海」「西海」の3つの湖に分かれていて、この3つをまとめて「什刹海」といいます。「海」と書きますが、塩分があるわけではなく、ここは淡水の湖。700年前の元代には、北京は南の都、杭州と運河で結ばれていて、様々な物資を船で運んでいたのですが、「什刹海」はその当時、運河の終点だったところ。岸辺には、商店や旅館が並び、数百年も前からにぎわっていたといいます。北京ならではの、歴史ある水辺の風景です。

モダンなバーやカフェが並ぶ「後海」のまわりに庶民の生活ぶりも見える

「什刹海」のなかでも、中心にある「後海」(ホウ・ハイ)は、03年ころからモダンなバーやカフェが林立し、いま北京でも指折りのホットプレイスになっているところ。週末の夜などたいへんな賑わいなので、のぞいてみるのも面白いです。ただ、「什刹海」はこうしたモダンな面だけでなく、庶民の暮らしぶりもよく残っているので、時間がある人は、周辺を周辺をのんびり散歩してみてください。

「後海」に沿った「蓮花市場」はいまハスの花盛り

いまはハスの花盛り。例年だと8月末まで花の観賞ができます いまはハスの花盛り。例年だと8月末まで花の観賞ができます

「後海」の西側には、「蓮花市場」というスポットがあり、そこにもいまはバーやレストランが並んでいますが、お店のほかに、この季節には、ぜひ湖面にも目をとめてみてください。7月から8月にかけてはハスの花の花盛り。ここは昔からハスの花の名所でもあるのです。ハスの花の咲く岸辺には、小さな公園があって、朝夕にでかけると近所の人たちが散歩したり、体操したり、水泳したり(!)の姿も見られます。モダンなだけでなく、こうした暮らしの姿も眺めていると楽しいもの。

隠れた名所・広化寺

毎月、旧暦の1日、15日には「放生会」がおこなわれる広化寺。この日は境内も無料で参観できます 毎月、旧暦の1日、15日には「放生会」がおこなわれる広化寺。この日は境内も無料で参観できます

岸辺の仏教寺院「広化寺」も、隠れた名所。700年前の元代に創建されたという古いお寺で、ふだんは入り口の周辺しか参観できませんが、毎月の旧暦、1日と15日には、寺院が開放され、無料で見学できます。しかも毎月の旧暦1日と15日には、「放生会」が、開催されます。これはおまいりの人たちが生きた魚を買って、「什刹海」に放すもの。命を救うことから、徳を積み、魔除けにもなる行為といわれていて、信心深い北京の人たちには、とても人気があります。今月だと、7月28日が旧暦だと6月15日にあたり、この日は朝9時前後に「放生会」が行われる予定。朝8時すぎにお寺にでかけてみると、すでに信者さんたちでにぎわっているはず。水辺の伝統行事に興味がある方は、ぜひのぞいてみてください。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/07/20)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索