page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・北京・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

蒸し暑い夏に食欲増進!本格ピリカラ料理なら「東直門内大街」へ


掲載日:2007/08/13 テーマ:グルメ 行き先: 中国 / 北京

タグ: おいしい スパイシー料理 レストラン 行列のできる店 辛い 名物


四川、重慶、湖南、貴州、全国各地のピリカラ料理が集まる名物ストリート

小さな食堂から一大レストランまで、さまざまな規模のピリカラ料理レストランが並ぶ「東直門内大街」 小さな食堂から一大レストランまで、さまざまな規模のピリカラ料理レストランが並ぶ「東直門内大街」

乾燥した気候の北京ですが、今年は例年になく、雨が多く、蒸し暑い日々が続いています。なんだかすっきりしない日々、体にたまった湿気を吹き飛ばし、食欲を増進させてくれるのが、スパイスをたくさんつかったピリカラの料理。
地下鉄「東直門駅」を出てすぐの「東直門内大街」は、そんなピリカラ料理のレストランがずらりと並ぶ北京の名物グルメ通り。駅を下りただけで、とうがらしやサンショウのスパイシーな香りがどことなく漂ってきて、ピリカラ好きにはたまらないはず。

昼間から深夜までのにぎわいぶりで「鬼街」のニックネーム

赤いぼんぼりを飾りにつけた店が多く、夜は撮影ポイントとしてもきれいです 赤いぼんぼりを飾りにつけた店が多く、夜は撮影ポイントとしてもきれいです

ピリカラ料理のレストランが100軒ちかくも連なるこの通り、昼間もにぎやかですが、真骨頂は夜。夕方6時すぎから大混雑がはじまり、8時ころはピーク、深夜すぎても大勢のお客でにぎわっています。この通り、別名は「鬼街」と呼ばれています。「鬼」(=グィ)は中国語では、「幽霊」のこと。つまり深夜すぎても人がうろうろしているから、こんな名前で呼ばれているんですね。この通りは夜になると赤いぼんぼりをつける店が多く、写真的にもきれいです。

全国の新旧ピリカラ料理が集まっていて、グルメ旅行の気分にも

中国のピリカラ料理、ときいて、頭にすぐ浮かぶのは四川料理でしょうか。でも、中国にはこのほかにもピリカラ料理を食べるエリアは、重慶、湖南、貴州、など南部を中心にたくさんあります。たとえば、重慶はとうがらしタレでたべる辛い鍋の「火鍋」。湖南は、細かく切った赤と青のとうがらしを魚の頭にかけて蒸す「魚頭」系の料理が名物。貴州は、「酸湯魚」といって、とうがらしに、発酵させたもち米のとぎ汁を加えた酸味と辛味のハーモニーが楽しめる鍋が有名。こうした伝統料理のほかに、いまとなってはどこが発祥の地か分からないのですが、ザリガニをピリカラソースで炒め煮にする「麻辣小龍」も名物料理になっています。

全国の人の移動につれてやってくるピリカラ料理、今後にも期待を!

今年はやりのピリカラ料理は、ピリカラソースでやいた魚。これで約70元(約1000円) 今年はやりのピリカラ料理は、ピリカラソースでやいた魚。これで約70元(約1000円)

こうしたピリカラ料理、実は、全国から北京にやってくるでかせぎの人々と一緒に北京に上陸したもの。とうがらしをよく食べるエリアの人たちは、「食事に辛いものがないとのどを通らない」とよくいうほど、ピリカラが食事のマストアイテム。彼らが北京に数百万人も住むようになり、自分でレストランを開き、そこに同郷の人が集まり、北京の人々も注目し…という流れで、ピリカラ料理がいまや北京の大人気になっているのです。ピリカラ料理、毎年のように流行があって、今年は、独特の器の上で焼いたピリカラ魚料理が人気。新しい料理を探しに、私もよくでかけるこのストリート、食文化に興味のある人にぜひおすすめ。中国全国を旅した気分になれる首都ならではのポイントです。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/08/13)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索