page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・北京・鉄道の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

万里の長城「八達嶺」へ、のんびり列車で向かう旅


掲載日:2007/09/20 テーマ:鉄道 行き先: 中国 / 北京

タグ: 世界遺産 鉄道


北京から万里の長城へ、列車でプチ旅行はいかが?

06年竣工100周年を迎えた北京北駅。こじんまりした規模ながら歴史の風格が漂います 06年竣工100周年を迎えた北京北駅。こじんまりした規模ながら歴史の風格が漂います

万里の長城の最も代表的な観光ポイントとして有名な「八達嶺」。外国人むけのガイド付きオプショナルツアーに参加したり、中国人むけのバスツアーに参加したりするのが一般的ですが、一味変わった八達嶺へのアクセスとして、北京北駅からの列車の旅があります。
出発点は、北京北駅。ここから毎日、6427次「北京北ー沙城」行きの列車が8:06分発ででています。「八達嶺駅」到着は10:53分。3時間あまりののんびりしたプチ列車旅行で、料金は片道5、50元です。ほとんど地元の人しか乗らない庶民的な列車の旅、味わいのある思い出になりそうです。

06年創建100周年を迎えた北京北駅はレトロな味わいが魅力。

北京北駅には、地下鉄でいく場合は「西直門」が便利。出口を出ると案内がでています。まずは切符売り場へ 北京北駅には、地下鉄でいく場合は「西直門」が便利。出口を出ると案内がでています。まずは切符売り場へ

出発点となる「北京北駅」も目立たない存在ながら、実は2006年には開設100周年をむかえた歴史ある駅舎です。もとは北京と内モンゴルの入り口となる張家口を結ぶ400キロの京張鉄道の駅として建設されたもので、設計者は、中国鉄道の父ともいわれる天佑。神童のほまれ高く、少年時代から選ばれてアメリカに渡り、中国鉄道網の敷設に力を尽くした人物です。歴史ある駅舎にしてはびっくりするほどこじんまりしてますが、現在も現役で旅客を送り出しています。いま北京北駅の隣には新しい鉄道駅が建設中で、新駅舎が稼動し始めると、旧駅舎からの乗車はできなくなる可能性もあります。今のうちならレトロな駅舎から出発できるのも、楽しみの一つ。

中国の旅文化があふれる「北京北駅」周辺

北駅へ向う道には、これから列車を乗る人のための食堂や売店がならびます。レトロな構内も魅力 北駅へ向う道には、これから列車を乗る人のための食堂や売店がならびます。レトロな構内も魅力

北京北駅は、地下鉄「西直門」駅から、「13号線」への乗り換え出口へ出て、徒歩約7、8分。駅の方向に歩いていくと、大きな荷物を抱え、いかにもこれから鉄道で移動、という感じの中国の人たちとすれ違います。100年前の駅舎が残る「北京北駅」、その周辺も一昔前の中国のムード。列車の中で食べるお八つ類を売る店や、出発前に腹ごしらえをする小食堂、キッチュなおみやげを売る店など、周辺からすでに旅情が漂っています。「北京北駅」の手前に、切符売り場があるので、まずはそこで切符を買って。窓口は自動ではなく、係員が対応する形式なので、中国語ができない場合は、「八達嶺」とメモに書いてわたせば、大丈夫です。そういうところも、レトロですね。

帰りは6428次、「八達嶺」14:34発で

帰りは、「八達嶺」から6428次、14:34分発の便があります。北京北駅への到着は、17:07分。両方列車の往復でもいいし、片道だけ、バスなどを利用してもいいですね。列車の旅のよさは、とにかくのんびり、ゆっくりの時の流れ。日本人が乗っていることもめったにないので、隣あわせた中国の人たちに珍しがられ、カタコトの会話や筆談でおしゃべりが始まるのもよくあります。ちょっと奥深い中国体験をぜひ!

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/09/20)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索