page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・北京・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

「世界の工場」中国、北京でクリスマス用品を激安でゲット!


掲載日:2007/11/13 テーマ:ショッピング 行き先: 中国 / 北京

タグ: お土産 クリスマス ショッピング 雑貨 市場


世界のクリスマス用品の生産国、中国、北京の卸売り市場にもたくさん並びます

白いビルの上に市場の名前が書いてあるます。2Fがクリスマス用品 白いビルの上に市場の名前が書いてあるます。2Fがクリスマス用品

中国といえば「世界の工場」でおなじみ、雑貨類の生産大国ですから、もちろんクリスマス用品もお手のもの。クリスマスツリーの飾り、キャンドル、プレゼントの包装紙、パーティ用のグラスまでなんでも激安でそろいます。北京にも、クリスマス用品を扱う卸売り市場がいくつかあって、その代表的なものは市内を流れる「亮馬河」の南側にある「花卉交易市場」。場所は第三環状線の東側、「全国農業展覧館」の第三環状線沿いの門から300メートルほど北に向うと、「長城飯店」(シェラトンホテル)があり、その北に「ハードロックカフェ」がはいっている「亮馬河大厦」のビルがあります。このビルを超えて、すぐ、進行方向にむかって、右手にはいる河沿いの道路があります。この曲がり角から約500メートルほど。白い2F建てのビルの上に「花卉市場」と看板があります。ビルのまわりには、観葉植物を売る店があって、ビルに近づくと、その鉢類が見えてきます。

ツリーの飾りから、キャンドル、グラスまで何でも揃う市場、

キャンドル、造花、ボールなどなんでもそろいます キャンドル、造花、ボールなどなんでもそろいます

この「花卉交易市場」、1階は、生花の卸売り市場で、その圧倒的な量には、日本からやってきた人はみなびっくりします。雑貨もですが、花も生産大国になっていて、日本から比べると信じられないくらい安いんですよ!バラ20本でも20元(約380円)くらい。日本では。なかなかできない贅沢ですから、買って帰って、ホテルの部屋に飾るのもいいかもしれないですね。2Fはクリスマス用品や造花、インテリア小物のお店。クリスマス用品は、モミの木から、色とりどりのボールから、サンタクロース、星、天使、となんでも。小さな飾りなら5元(90円)前後から、大きなものでも、数十元くらい。日本の価格の5分の1〜10分の1といった感じでしょうか。

今年の流行は麻糸をつかったアジアンテイストなクリスマスの飾り

今年の流行は麻糸をつかったアジアンテイストなクリスマスの飾り 今年の流行は麻糸をつかったアジアンテイストなクリスマスの飾り

毎年定番のサンタやトナカイ、星、天使、などというスタンダートなものとともに、今年は、麻糸をつかったアジアンテイストな飾りがトレンド。世界の雑貨店の注文を受けて生産、その工場から流れてきた品々が並ぶ中国ですから、意外にトレンドは最先端、店頭にならぶ品々にも、ちゃんと旬のセンスがとりいれられています。麻糸を使って編んだ星や、トナカイなどの飾りは、季節感のある、おみやげにもなりそうです。

クリスマスの時期以外にも活用法、いろいろ

リボンなどラッピング用品も豊富 リボンなどラッピング用品も豊富

訪れる時期がクリスマスを過ぎていても、この市場、いろんな活用法があります。私は特にラッピングのリボンや小さな布の袋を買いに行くことが多いです。最近、よく買うのは、布の小さな袋類。一つ2元〜10元くらいのものですが、これに入れてお土産を渡すと、ぐーっとランクアップしてみえるんです。よく使うのが北京ののどあめや、ハッカオイルなどをいれてつめあわせた「健康袋」、これ過労気味の日本の友達にあげるととても喜ばれます。クリスマスの時期はもちろん、雑貨好きの方は、ぜひいってみたい市場です。

【関連情報】

■亮馬河花卉交易市場 8:30〜18:00 無休

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/11/13)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索