page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・北京・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

2月7日の旧正月にむけて、幸運を祈る吉祥グッズがあふれる「紅橋天楽玩具市場」


掲載日:2007/12/14 テーマ:ショッピング 行き先: 中国 / 北京

タグ: お土産 ショッピング 旧正月 雑貨 子供にオススメ 市場


「赤橋天楽玩具市場」でゲット!旧正月むけ吉祥グッズ

天楽玩具市場の外観 天楽玩具市場の外観

2月7日には、中国社会の最大の行事である旧正月がやってきます。その直前の数週間は、街はおまつりムードいっぱい。その頃に北京を訪れるなら、ぜひ旧正月むけ商品の市場ものぞいてみてください。なかでも私がお薦めしたいのは、世界遺産の「天壇公園」の東門付近にある「紅橋天楽玩具市場」。この市場は10月に開通したばかりの地下鉄5号線「天壇東門」から約3分。地下鉄ができてとっても便利になっています。天壇東門の駅をでて、「天壇東路」という大きな道路をわたると、「紅橋市場」というビルがあります。ここは有名な市場なのですが、「天楽玩具市場」は「紅橋市場」の、南側の裏手。紅橋市場のビルにむかって、右手側、通路から奥をのぞいてみると、「玩具市場」のビルがすぐみえます。

吉祥グッズからオモチャ、ぬいぐるみ、文房具、民芸品なんでもありの市場

パンダのぬいぐるみも激安!売り場にはオモチャ関係たくさんそろいます パンダのぬいぐるみも激安!売り場にはオモチャ関係たくさんそろいます

このビル、1Fはオモチャ、ぬいぐるみ、人形、積み木など、2Fが工芸品や中国らしい吉祥グッズ、3Fが文房具、4Fがプラモデルなどすこしマニアックなオモチャ。子供むけのものがたくさんあるので、実は、子供のいる人へのおみやげ探しや、子供連れで見学しても楽しい場所です。中国は世界のオモチャの生産大国なので、各国のオモチャがそろっていて楽しいですよ。3Fの文房具にも世界のキャラクターグッズの文房具やカバンが揃っていて、子供たちも楽しく見学できると思います。

吉祥グッズは、中国伝統のひもむすび飾りや灯篭、ねずみの置物など

「中国結」と呼ばれる赤いひも飾りや灯篭がいっぱい 「中国結」と呼ばれる赤いひも飾りや灯篭がいっぱい

大人むけにおすすめなのが、2Fの民芸品コーナーにおかれている旧正月むけグッズ。「中国結」とよばれる、赤いヒモをきれいに編んだ壁飾りや、紙で作ったさまざまな形の灯篭など。08年の干支にむけて、ネズミをテーマにしたものも、これからたくさん出てくる予定。日本のお正月はどちらかといえば静粛な感じですが、中国の旧正月は、明るくて元気いっぱい。インテリアも明るく、元気よいテイストのものが多く、財運をつかさどる神様の置きものなど、日本ではみかけないセンスのものもあって、楽しいです。実はここ、私が撮影用の小物をよく探しに行く市場でもあります。コテコテの中国らしいものがなんといってもそろっているからなのです。2Fにはとくに「礼品」という文字が目立ちます。これは中国語で、「プレゼント」のこと。中国の人たち、旧正月の期間になると、こういうおめでたいものを人に贈ったりもするんです。

チャイニーズムードのパーティグッズにもなりそうです

切り紙など旧正月むけコテコテ中国グッズもいっぱい 切り紙など旧正月むけコテコテ中国グッズもいっぱい

ひも飾りや、灯篭など、こちらでは旧正月商戦むけですが、折りたたみのできる紙の灯篭などは、日本にもって帰るとかわいいパーティグッズになりそうです。私も魚のかたちの灯篭など、ちょっと催しがある時などに活用しています。1つ部屋の入り口に飾るだけで、元気いっぱいの中国風に空間が変身!市場なので、小さなものならほんとうにやすく、紙の小さな灯篭など、一つ2元くらいから。この時期、みんなに配るハッピームードいっぱいのおみやげにもなりそうですね。

【関連情報】

■紅橋天楽玩具市場
アクセス:地下鉄5号線「天壇東口」より徒歩3分
営業時間:8:30〜18:30、無休。但し、旧正月の大晦日2月6日は午後から休みの可能性あり。2月7日休業の可能性あり。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/12/14)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索