page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・北京・憧れホテルの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

故宮をのぞむ55室のデザインホテル、「ザ・エンペラー」


掲載日:2008/07/03 テーマ:憧れホテル 行き先: 中国 / 北京

タグ: デザイナーズホテル 新しい 絶景


故宮が見えるベストプレイスにデザインホテルがオープン

故宮と景山公園のみえる最上階のカフェ&バー 故宮と景山公園のみえる最上階のカフェ&バー

ホテルがオープンラッシュの北京、リッツカールトンやマリオットなどよく名前が知られたラグジュアリーホテルに続いて、いま世界のホテルの潮流であるデザインホテルもオープンしています。最近オープンしたばかりで話題になっているデザインホテルの一つが、「ザ・エンペラー」。このホテル、故宮のお堀から直線距離にして約300メートル、4Fの最上階のカフェ&バーからは故宮がばっちり見え、北京指折りの眺めです。

デザインはドイツのデザイン集団「GRAFT」

ホテルのロビーもデザイン・コンシャス ホテルのロビーもデザイン・コンシャス

デザインホテル、というくらいですから、デザイナーが気になりますね。このホテルのデザインは、ドイツの「GRAFT」。ヨーロッパを中心に数多くのデザインホテルを手がけ、ベルリンのホテル「Q」などが代表作として知られるデザイン・ユニットです。55室のゲストルームは、スーペリアから最上級のエンペラーまで、5タイプ。最上級のエンペラーは、1室のみ。価格は、スーペリアが1300元〜から。1Fはイエロー、2Fはブルー。3Fはグリーンとテーマカラーが決められたゲストルーム、モダンで軽やかな空気感です。

4Fのカフェ&バーはビジターでも利用可能、故宮を鑑賞するベストプレイス

ホテルの外観 ホテルの外観

最上階は屋上テラスになっていて、故宮とその北側の景山公園がばっちり見えます。ここはビジターでも利用できます。カクテル、ワイン、シャンパンなどアルコール飲料は100種類近く、もちろん、ソフトドリンク類もあります。特に最近、故宮をのぞむベストプレイスとして、夜はパーティなどのスペースとして大人気なので、夜でかける場合はできるだけ予約を。また、はやめの夕方や、昼間などちょっとはずした時間帯も静かでおすすめです。価格は、マティーニで77元、コーヒーで37元。ホテルの周辺は、昔ながらの北京の古い横丁なので、お茶の前後に周囲を歩いてみるのも素敵。

屋上にはジャグジーも

デザインホテルらしい遊び心は、4Fのカフェ&バーにも。スペースの中央にはジャグジーがあり、これもビジターでも体験できます。ジャグジーは1時間100元、要予約。お客のいる時間帯はNGなので、早朝などになりますが、故宮を眺めながらのジャグジーも素敵かもしれません。これまで故宮にもっとも近いといわれていた、貴賓楼飯店よりもさらに故宮に近い場所に誕生したデザインホテル、北京の新名所として、ぜひチェックを!

【関連情報】

■ THE EMPEROR ザ・エンペラー
住所:東城区騎河楼大街33号
電話:010−6526−5566 カフェ&バーの内線は6650
カフェ&バーの営業時間は11:00〜翌2時
周囲に地下鉄駅はなく、地下鉄利用の場合は、5号線「東四」からタクシーで約10分

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/07/03)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索