page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・北京・憧れホテルの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ラグジュアリーリゾートで知られるアマンが北京に上陸!


掲載日:2008/11/04 テーマ:憧れホテル 行き先: 中国 / 北京

タグ: 新しい


世界遺産「頤和園」に隣接、アマンのシティリゾート

朝食のほか、ランチ、ティータイム、夜のディナータイムまで営業の「ラウンジ」 朝食のほか、ランチ、ティータイム、夜のディナータイムまで営業の「ラウンジ」

豊かな自然のなか、上質なステイが堪能できるラグジュアリーリゾートとして知られるアマン。20周年となる今年の秋、北京にも上陸して、大きな話題となっています。自然のなかのリゾートを手がけてきたアマンとしては初の、大都会の中のプロジェクト、実現の地として北京が選ばれているのが、地元の人間としてはなんだか誇り!です。話題のアマンのシティリゾート、場所は世界遺産、頤和園に隣接しています。大都会の北京といっても、このあたりは、高層ビルなどなにもなく、豊かな自然に囲まれていた時代の北京の雰囲気が残っています

北京の伝統建築を再生させたプロジェクト

コートヤードゲストルームの外観、北京伝統の四合院スタイル コートヤードゲストルームの外観、北京伝統の四合院スタイル

ゲストルームは、51室。480米ドルの「ゲストルーム」から、インペリアルスイート3800米ドルまで6カテゴリーに分かれています。そのうち「コートヤードゲストルーム」「デラックススイート」「コートヤードスイート」「インペリアルスイート」の4カテゴリーは、歴史ある建物を改造、再生させたもの。頤和園は、西太后に愛された庭園として知られていますが、アマンリゾートの敷地には、西太后が頤和園に御幸する際の厨房となった旧建築が残り、4カテゴリーのゲストルームはこの空間を再生させたもの。厨房といっても、西太后のためのそれは、天井が高く、堂々たるスケール感にあふれたもの。再生された後も往時のエレガンスが漂っています。

アクティビティも豊かにそろいます

フレンチ懐石のレストラン「NAOKI」の内観 フレンチ懐石のレストラン「NAOKI」の内観

伝統のエレガンスを楽しむほか、アマンにはアクティビティも豊かにそろっています。敷地内のカルチャールームでは、中国茶道や書道、中国伝統の切り紙のパフォーマンスが定期的に行われ。毎日12時から16時までは中国伝統音楽の演奏もあります。レストランは、フレンチ懐石と中華、それに朝食からランチ、夜までサンドイッチなどの軽食が楽しめる「ラウンジ」も。そのうえ、敷地内の地下には広大なアクティビティのためのスペースがあり、25メートルプールまであるスパスペース、スカッシュコート、映画館までもがあり、中国映画などが上映されています。そして、敷地の外にでかけたい時には、万里の長城や、中心部の旧市街などを散策するアクティビティコースも豊かに揃っています。

ビジターとしての利用は事前に予約を

宿泊のゲストでなく、ビジターでも、レストランやバーなどの利用はできますので、頤和園にでかけた際など、ラグジュアリーな時を過ごしてみるのも、いいかもしれません。ただ基本的には宿泊のゲストを優先の空間なので、レストランなどを利用の際は、必ず予約を。頤和園の隣で、西太后の気分になってみるのも、素敵ですね!

【関連情報】

■ジ・アマン・アット・サマーパレス
北京市海淀区頤和園宮門前街15号
電話:01−5987−9999 

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/11/04)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索