page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・北京・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

官園批発市場には、09年の吉祥物「牛」グッズなどが沢山そろいます


掲載日:2009/01/27 テーマ:ショッピング 行き先: 中国 / 北京

タグ: お土産 ショッピング 雑貨 市場


「官園批発市場」は雑貨中心の大型卸売り市場です

牛の壁飾り、タテ30センチほどで1枚15元 牛の壁飾り、タテ30センチほどで1枚15元

地下鉄2号線「車公荘」から徒歩約5、6分で到着するのが「官園批発市場」。建物は3階建ての大きなビルで、ビルの上に「官園批発市場」の文字が目印についています。このビルの中には、1階が服、2階が雑貨、3階も服や装飾材料などを扱う小さな店がいっぱい集まっています。ここは特に雑貨が有名で、卸売市場ですからプロの買い付けが集まるほかに、市民が自分の買い物にもでかけます。とにかく安いのと、普通の中国の人たちがいく市場なので、国内市場むけの独特の雑貨がたくさん見つかります。

2Fの雑貨売り場で、まずは「牛グッズ」探し

小さな店がぎっしり並ぶ2Fの雑貨コーナー 小さな店がぎっしり並ぶ2Fの雑貨コーナー

まずは、正面入り口から入ってエスカレーターにのり、一番特色のある2Fの雑貨売り場にいってみましょう。チェックしたいのは「めでたい系グッズ」。中国では壁や家の入り口におめでたい文字や絵をはる習慣がありますが、市場のなかにはそうした「めでたい系グッズ」の専門店があります。製品のほとんどがおめでたい色の赤を使うので、店頭は赤一色、すぐにわかります。09年は丑年なので、牛グッズもいま、おめでたいグッズの一つとして花盛り。牛のぬいぐるみや牛の切り紙、粘土人形、彫刻など、今年らしい、個性的なお土産になりそう。紙製品は大きさにもよりますが1枚10元〜20元くらいです。

「牛」は中国では働き者のとてもいいイメージ

縁起物の牛のぬいぐるみ 縁起物の牛のぬいぐるみ

畑をたがやしてくれる働きものの牛は、中国ではとてもイメージのいいもの。中国語の俗語では「牛!」(ニィウ)といえば、「凄い!」という意味のほめ言葉になっているほどです。それに、株式市場では上昇相場を、「牛市」(ニゥウ・シ)ともいうんですよ。牛が前足を上に蹴り上げるイメージから来ているのですが、こういうところにも働き者の牛のよいイメージが活用されているようです。こんな縁起のいい牛のグッズは特にお正月、というだけでなく、一年中、どこかにはっておいてもいいもの。お土産に渡すときには、そんな話を一緒にしてあげてもいいですね。

文房具や「礼品」、ペット用品にも面白いものが

市場外観。3階建てのビルの上の文字が目印 市場外観。3階建てのビルの上の文字が目印

2Fには、めでたい系グッズのほか、文房具などのお店もたくさん。また中国語で「礼品」といえば、ちょっとした記念に渡すプレゼントのことですが、その専用の店もたくさんあります。また2Fにはペット用品の店も。チャイナドレス風の犬のコートやネコ用のオモチャなど、家で待つペットへのお土産にもよさそう。いずれにせよ、値段は交渉制で、1つ買うなら10%くらい。たくさん買えば安くなるので、30%くらいは値切ってみましょう。官園批発市場には、レストランやファーストフードの店もあり休憩もでき、建物の中なので、雨や雪の日も楽に買い物ができます。

【関連情報】

■官園批発市場
西城区車公荘大街。地下鉄2号線「車公荘」西南出口下車、「車公荘大街」を徒歩約5、6分歩いた南側。
(進行方向にむかって左手側)
時間:朝 8:30〜19:00
春節大晦日&三が日期間(1月25日〜28日)は各店の営業時間が短縮の可能性あり。
この日程に重なる場合には昼前後に行くのが安全。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/01/27)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索