page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・北京・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

かわいい中国土産グッズがそろう「失物招領」、懐かしい小物を探してみよう!


掲載日:2009/04/15 テーマ:ショッピング 行き先: 中国 / 北京

タグ: お土産 ショッピング 雑貨


「失物招領」のなかには、今では失われた雑貨が集合

現代むけに小型サイズに新しくデザインしなおした魔法瓶 現代むけに小型サイズに新しくデザインしなおした魔法瓶

「失物招領」があるのは、中国の古い大学である「国子監」の斜め向かい。「国子監街」の通りの南側になります。店は、大型の一軒家を改造した作り。通りに面しているので、探しやすい場所です。店名の「失物招領」は、中国語では「失うものをまた取り戻す」という意味。英語名はその名も「Lost&Fund」となっています。ここには、現代の中国の都会では、ほぼ見られなくなってしまった懐かしい生活雑貨がそろっています

ホーローのカップや、通りの名前のプレートまで

ホーロー製品など今ではなかなか見られなくなった懐かしい生活雑貨が並ぶ ホーロー製品など今ではなかなか見られなくなった懐かしい生活雑貨が並ぶ

なかなか、見かけられなくなった雑貨の代表的なものの一つといえば、ホーロー製品。ホーローの洗面器、食器、魔法瓶などは90年代初めくらいでは、どこの家でもよく使われていましたが、経済改革が進むにつれて、ホーローの国営工場は続々倒産。「失物招領」には、今では、見られなくなったホーロー製品がそろっています。なかには、90年代初めくらいまで、北京の横丁に掛けられていた通りの名前をあらわすプレートの札なども置かれています。古びた民家を改造した空間に、そうした懐かしい小物がぴったりで、いい空気を醸しだしています。

懐かしいデザインを再プロデュースした新しい小物も

「失物招領」には、懐かしい雑貨のほか、現代むけに新しく作りなおした製品も置かれています。たとえば、ホーローの魔法瓶。むかし使われていたものは、高さ30センチ以上の大型のものですが、店では、大、中、小の各サイズに作りなおし、色も各種を取り揃えています。そのほか、北京、上海、香港、台湾などのデザイナーたちの作品が置かれています。ただ、懐かしいだけでなく、現代のデザイナーたちのセンスをチェックできる場所でもあります。

小物のほかTシャツなど洋服も

小物のほかTシャツなどの洋服、文房具なども、オーナーの目でセレクトされたものが置かれています。オーナーは、30代の女性で、北京では、ほかにカフェなども手がけています。あわただしくなるばかりの北京で、のんびりした時間を提供し続ける女性によるセレクション。大陸のおおらかな空気を伝えるユニークなおみやげ探しにいかがでしょう。

【関連情報】

■失物招領
住所:東城区国子監街42号
営業時間:10:00〜19:00 無休
アクセス:地下鉄2号線「雍和宮」から徒歩約10分 

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/04/15)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索