page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・北京・鉄道の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

時速300キロ超の高速列車で30分、隣町の天津へ


掲載日:2009/08/04 テーマ:鉄道 行き先: 中国 / 北京

タグ: おもしろい 新しい 鉄道


話題の中国の高速列車、北京ー天津間で体験できます

時速300キロ超で走る高速列車、中国語では、一般に「D字頭」または「動車組」と呼ばれます 時速300キロ超で走る高速列車、中国語では、一般に「D字頭」または「動車組」と呼ばれます

鉄道ブームのこのごろ、北京ー天津間で、話題の超高速列車を試してみるのはいかがでしょうか。北京では08年夏、約150キロ離れた天津まで、高速列車が開通し、北京っ子の間でも、高速列車の体験を兼ねた天津旅行が人気になっています。北京ー天津間は、高速列車で約30分、一日59本、本数が多いので、思いついたら当日でも気軽に乗ることができます。

中国語で「D字頭」と呼ばれる高速列車は、北京南駅から

高速列車は、正式名称は、「京津城際鉄路」、口語では、その頭のフォルムから、中国語では「D字頭」と呼ばれたり、または「動車組」とも呼ばれます。発車駅は、新しく建てられた「北京南駅」。地下鉄では、2号線の「和平駅」または、5号線の「天壇東門」からタクシーで約10分ほどです。北京駅発は、始発が6:35発、天津着07:05。最終便は、天津発22:45、北京着23:15。約15分〜20分に1本の割合ででていますので、当日でも切符を買うことができます。「天津」駅着のものとは別に「天津西駅」着のものがあるので、間違えないよう、要注意です。

車両はゴージャスで新幹線超?

切符は3種類あり、特等99元、1等69元、2等58元。私は1等にのったことがありますが、1等でも、座席はゆったり広々、新幹線を超えるかも?というくらいの快適さでした。座席のポケットには、ミネラルウォーターもついていました。東京など、日本では、しばらく電車にのっても同じような都会の景色が続きますが、北京ー天津の旅では、北京駅を出てしばらくすると、華北に平原が広がり、農村の風景も見えて、あっという間に景色がかわります。景色が変わるので、時間は短いとはいえ、十分ショートトリップの気分を楽しめます。

天津では観光都市としての開発も進行中

新しく改装され、きれいになった「天津駅」 新しく改装され、きれいになった「天津駅」

北京ー天津が便利になり、多くの北京人が訪れるようになった現在、天津では観光都市としての開発が進んでいます。特に話題なのは、租界時代のメインストリートだった「解放北路」、古くからの商店街「和平路」、ラストエンペラーの溥儀も住んでいたことがある租界時代の住宅街「五大道」などがきれいに整えられ、歩きやすくなっています。1860年北京条約によって開港し、西洋文化に早くから触れた天津は、日本でいえば、横浜や神戸、中国でいえば上海のようなハイカラな漂う街。 便利になった今、体験しやすくなっています。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/08/04)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索