page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・北京・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

最近の中国の若者に人気の「国貨」を旅の記念に!


掲載日:2009/12/14 テーマ:ショッピング 行き先: 中国 / 北京

タグ: コスメ ショッピング 健康にいい


「国貨」は国産の老舗ブランドのことです

最近の中国では、若い世代のネットユーザーを中心に「国貨」がブームです。「国貨」(中国語ではグォ・フ)とは、国産の老舗ブランドのこと。例えば、上海の運動靴メーカー「回力」、天津のスポーツメーカー「梅花」のジャージ、上海の老舗ブランド「百雀羚」や「雪花」のハンドクリームなど。どれも、昔からあるメーカーですが、どちらかといえば「ださい」「古くさい」イメージで、ほとんど注目されていなかったのですが、ここ2年ほど、若いネットユーザーを中心に人気が盛り上がっています。中国のセレブの間でも、愛用者が増え、公式の場に着用してあらわれるスターの写真がネットに転載され、それがまた「国貨」の人気をあおっています。

「国貨」の魅力は懐かしさと新しさ

「国貨」コスメとしていま人気のある上海の老舗ブランド「雪花」 「国貨」コスメとしていま人気のある上海の老舗ブランド「雪花」

ネットユーザーの間では、特にコスメサイトなどに「国貨化粧品ベストテン」などのコーナーが設けられ、ユーザーの間で人気投票なども行われています。そういうサイトによせられるユーザーの声からすると、「国貨」の人気は、まず海外ブランドに比べ圧倒的に安い割に、質がいいこと。70年代生まれ、80年代生まれからすると、小さいころ日常生活のなかにあった商品なので、どこか懐かしいこと。またちょっとレトロなデザインも、いま見てみると、愛らしく、新たな魅力が感じられること。そして、海外ブランドにおされ、消えてゆきそうな「国貨」を守れ!という気持ちもあるようです。そういう意味で、「国貨」は、古くて新しい旅の記念品になりそうですね。

「国貨」のスニーカーやジャージは、若者の集まる「南鑼鼓楼」などで

上海の老舗化粧品メーカー「百雀羚」のワセリンクリーム 小鳥の模様が愛らしい 上海の老舗化粧品メーカー「百雀羚」のワセリンクリーム 小鳥の模様が愛らしい

「国貨」のスニーカーやジャージは、おしゃれな若者の集まる「南鑼鼓楼」の小さなブティックなどで、見かけることがあります。最近では、「ダサいもの」からすっかり「おしゃれなファッション小物」に評価が急上昇しているのです。また国産の化粧品が集中していて、旅行者にも買いやすいのは、友諠商店1Fの化粧品売り場。ここには、北京、天津などの国産化粧品メーカーの商品が集中しています。中国産のハンドクリームなどなら、30元前後から、いかにも中国らしい金箔入りの化粧品などでも200元前後から。中国の消費者の間でも、最近は、こうした国産化粧品が見直されています。

街のスーパーをのぞいてみるのも

いまではあまり見かけない、ちょっと懐かしい感じの容器も魅力 いまではあまり見かけない、ちょっと懐かしい感じの容器も魅力

また、街の庶民的なスーパーをのぞいてみても、「国貨」のハンドクリーム、洗顔クリーム、シャンプーなどが見つかります。ちょっと古くさい感じのパッケージがまた魅力。「いま、中国では国産品が“国貨”と呼ばれて人気」という時代の変化とともにおみやげにしてみてはどうでしょうか。

友誼商店

地下鉄1号線「建国門」下車、徒歩5、6分 建国門外大街17号 電話:6532−4377 10:00〜20:00

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/12/14)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索