page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・北京・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

厳冬期ならではの風景がみられる天然スケートリンク「什刹海」


掲載日:2010/01/18 テーマ:観光地・名所 行き先: 中国 / 北京

タグ: おもしろい たのしい カフェ バー・パブ


市の中心部の湖「什刹海」は、市民に人気の天然スケートリンク

市の中心部の湖「什刹海」は、厳冬期には天然のスケートリンクに変身 市の中心部の湖「什刹海」は、厳冬期には天然のスケートリンクに変身

北京は、11月中旬から3月下旬まで厳冬期。時にはマイナス7,8度くらいまで気温が下がることもありますが、そういう厳冬期ならではの風情もいっぱい。その一つが、市の中心部にある湖、「什刹海」です。約700年前の元代には、南の杭州から北京まで運河がひかれ、お米などが南の産物が北京に運ばれていたのですが、その終点となっていたのが「什刹海」。由緒ある湖ですが、ここが厳冬期には凍結し、天然のスケートリンクになり、冬らしい味わいのある生活風景がみられます。

天然スケートリンクには、ユニークな風景が展開

「氷車」で遊ぶ親子、冬らしい、いい風景ですね。 「氷車」で遊ぶ親子、冬らしい、いい風景ですね。

この天然スケートリンク、本格的なスケート、というよりは、北京らしい、ユニークな乗り物がいろいろ見られます。親子連れに圧倒的に人気なのは、「氷車」(中国語ではビン・チャ)と呼ばれる、イスの脚に歯をつけた乗り物。イスの上にすわり、櫂代わりの棒で押すと、スルスルと氷の上を滑ります。スケートのように技術もいらず、親子で楽しく遊べるので大人気!わが子のイスの背をおしておげる親はもちろん、親を座らせて、自分がイスの背を押してあげる感心な子供もいます。情緒ある風景、冬の旅の撮影スポットとしてぴったりです。

「氷車」で什刹海デビューも?

親子で楽しめる「氷車」 親子で楽しめる「氷車」

この「氷車」、誰でも乗ることができるので、いっそのこと、北京で氷上デビューも素敵です。湖の東岸に貸し出しの店があり、1車、2人で、30元。時間制限は特にありません。親子もいいし、友達どおし、大人どおしでもOKです。氷の上で滑るのもいいし、記念写真としても、ユニークなものがとれそうですね。ただ、氷の上はすべりやすいので、足元は、ぜひ事前に底が厚めで、ヒールのない、ワークブーツなどを用意してください。

さまざまな乗り物や、焼き芋屋さんも出現

氷の上は、寒さが激しくなるにつれ、人出もふえ、ピークは2月ころ。そのころになると、「氷車」のほか、氷上自転車などさらにユニークな乗り物が出たり、セミプロのスケーターが練習していたり、人出をあてこんで、氷の上に焼き芋屋さんがでていたり、風景はさらにユニークになります。氷の上でちょっと寒くなったら、什刹海の西岸には、「ロータスストリート」があり、そこにはカフェやバーがたくさんあるので、利用するのもいいですね。凍結した湖を眺めながらの休憩タイムも素敵です。

データ

「什刹海」は、地下鉄2号線「鼓楼大街」から徒歩約7,8分。湖上の「氷車」は朝10時前後〜日没前に終了。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2010/01/18)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索