page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・北京・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

シルクロードの雰囲気いっぱいの「新彊駐京弁事処」へ


掲載日:2011/11/05 テーマ:グルメ 行き先: 中国 / 北京

タグ: グルメ レストラン 行列のできる店


本格的なシルクロードの味が北京で楽しめる「新彊駐京弁事処」

新彊駐京弁事処の門。建物もエキゾチック、誰でも門から入れます。 新彊駐京弁事処の門。建物もエキゾチック、誰でも門から入れます。

首都の北京には、各地方政府の出張事務所がたくさんあります。そのなかには、その地方の本格的な味を楽しめるレストランなどもあり、北京ならではの楽しみの一つ。なかでも、美味しさで北京っ子に評判が高いのが、シルクロード地帯にあたる「新彊ウイグル自治区」の出張事務所。中国語では通称、「新彊駐京弁事処」と呼ばれています。ここには、シルクロードの味を楽しめるレストランがあるほか、シルクロードの名産物、果物、ワイン、ハチミツなどが買える売店もあります。北京のなかで、シルクロード気分を味わうのに、ぴったりの場所です。

レストランでは秋冬に特に美味しくなる羊料理や手打ち麺を

広いホール席では、みんなの食べているものを見るのも楽しい 広いホール席では、みんなの食べているものを見るのも楽しい

門をはいって正面の建物の、むかって右側の壁にそって進んでいくと、そこは「伊斯蘭飯荘」と 呼ばれるレストラン。ここでは、本格的なシルクロードの味が楽しめます。1Fは個室スペースなので、2Fへ。メニューは写真付きなので、観光客にも注文が簡単にできます。人気の品は、羊のシシカバブ1本12元や、1皿16元前後の手打ち麺。羊肉の炒め物、羊肉のモモ肉のローストなど。スイーツには手作りヨーグルト8元などもあります。羊肉といえば、もっとも美味しいといわれるのは、秋から冬にかけて。夏のあいだ、草原の草をたくさん食べて肥えた旬の羊が市場に出てくるからです。羊の肉を味わうなら、羊肉料理に長けたイスラム教徒用のこんなレストランにでかけてみるのも素敵です。

おみやげの買い物もできます

秋は特に果物の買出しに訪れる人で賑わいます 秋は特に果物の買出しに訪れる人で賑わいます

シルクロードの名物といえば、羊ともうひとつは、果物。9月〜10月にかけて、シルクロード名産の果物、ブドウ、ハミグワ、ナシなどがでてくる季節には、敷地のなかに、果物の箱が山のようにつまれ、市民が買出しにやってきます。シルクロードの果物といえば、美味の代表なので、贈り物にするのに、わざわざこの弁事処まで買出しにくる人が多いのです。敷地内には、売店もあり、シルクロードのそのほかの名産、ワイン、ハチミツ、干しブドウなどのドライフルーツ、お茶などが売られています。液体物は持ち帰りが難しいものもありますが、眺めるだけで面白いので、ぜひ、ついでにチェックを。

シルクロードの人が行き交う弁事処

シルクロードの名物、手打ち麺 シルクロードの名物、手打ち麺

北京のなかの異国のようなここでは、行き交う人も、いかにもシルクロードの人らしい、エキゾチックな顔立ち。レストランや売店でも、普段、北京の街中で聞く事はできない、シルクロードで使われる方言です。外国にでかけた気分になるほど、北京の普通の街なみとは違う雰囲気の場所。中国という国の広さを肌で感じるためにも、訪れたい空間です。

データ

新彊駐京弁事処 北京市西城区三里河路7号 レストラン:伊斯蘭餐庁 
電話:8836−5363 
営業時間 朝:7:00〜9:00 昼夜:11:00〜22:30 
特に平日のランチタイムは必ず行列ができる人気なので、できれば早め、あるいは遅めにしてピークタイムをはずすのが、コツ。
地下鉄4号線「動物園」駅から徒歩約10分。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2011/11/05)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索