page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・北京・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

中国独特の布を買ってみませんか?


掲載日:2011/12/15 テーマ:ショッピング 行き先: 中国 / 北京

タグ: ショッピング 安い 珍しい


中国には独特の布があります

赤や緑地の派手な布は、婚礼布団に使う、中国の昔ながらの厚手木綿地です。 赤や緑地の派手な布は、婚礼布団に使う、中国の昔ながらの厚手木綿地です。

最近は世界的に「手芸」が見直しブームにあり、手作りを楽しむ人もまた増えつつありますね。そんな方におすすめしたいのが、北京の布屋さん。中国には、中国独特の布があり、50センチくらいから買えるので、ユニークなお土産としてもおすすめです。中国独特の布といえば、シルクが有名ですが、そのほかにも、農村で作られる藍染、昔ながらの模様のコットン、農村で新婚の布団生地として使う龍、鳳凰、牡丹などの模様の派手な厚手木綿、などいろいろあります。中国独特の布には、独特の味わいがあって、一部の外国人にも根強い人気。バックや服などにおしゃれに加工されて、モダンな雑貨にうまれかわって店頭で売られていたりもしています。

「盈美瑞紡績」は地安門の庶民的布店

定規ではかりながら、売ってくれます 定規ではかりながら、売ってくれます

まだ手作りする人も多い北京では、布店も市内に少なくないですが、観光名所として観光客が行くことも多い、「鼓楼」から近いのが、「盈美瑞紡績」。「鼓楼」から南へ、「地安門大街」の西側を約500メートルほどくだっていき、小さな店が並ぶなかの1軒です。店構えはそう大きくありませんが、昔から街中にあり、街の人が行く店なので、価格も庶民的。藍染の布は、1メートル、48元(約580円)から、布団布地も1メートル48元から。中国語ができなくても、布を指差して「1m」と必要分量を紙に書けば、切り売りしてくれます。

エコバックやクッションつくりも

テーブルクロスや、クッションカバーの布として人気の中国産藍染 テーブルクロスや、クッションカバーの布として人気の中国産藍染

こうした布類、北京では、モダンな雑貨店では、エコバックやクッションカバーに加工されて売られていて、数百元の値段になっています。自分で布を買って加工すればとてもリーズナブルですね。また店内には、テイラーの人がほぼ常駐していて(たまに食事に行っていたり、誰かの家に品物を届けにいっていていないこともあるのですが)、仕立てもしてくれます。「オーダー」といえば日本ではとても贅沢な行為ですが、北京では既製服より安いから愛用する人もいるほどで、スカート1枚200元くらいから。できれば、自分のお気に入りのスカートをもっていって、「これとまったく同じに」と頼むと失敗が少ないです。バックやクッションカバーもサンプルをもっていって注文すると安心です。観光客の場合は、急いでもらえば2日くらいでも仕上げてくれることもあります。

のんびりした店内の気分が楽しい

お店の外観 お店の外観

昔ながらのお店は、この近くに住む下町の人たちがお客の中心。お店のなかはのんびりしていて、布を買いに来る近所の人たち、仕立ての相談をしている人たちを見ているだけでも楽しいです。中国で、楽しいことの一つは、まだまだ手作りの生活が残っていること。お店のなかではそんな面も見られます。

データ

盈美瑞紡績
住所:西城区地安門外大街130号
朝9時〜19時30分(夏は20時)
最寄駅地下鉄2号線「鼓楼大街」。
駅から徒歩で約20分。近くの「鼓楼」観光と併せてがおすすめ。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2011/12/15)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索