page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・北京・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

1Fファッション雑貨2Fがカフェの複合店舗「有好貨社」へ


掲載日:2012/04/13 テーマ:ショッピング 行き先: 中国 / 北京

タグ: お茶 カフェ 雑貨


「有好貨社」は、北京にはまだ珍しい複合ショップ

「有好貨社」は、ホワイトを生かした外観で通りのなかでも目立っています 「有好貨社」は、ホワイトを生かした外観で通りのなかでも目立っています

日本では、雑貨店とカフェなどが一体化された、複合型の店舗は珍しくありませんが、北京では、まだデパートなどを除き、ほとんどありません。街角の路面店などで買い物して、そのあと、お茶をしようと思うと、また別の場所を探さなければならないことがほとんどなのですが、最近では、複合型の店舗が少しずつ現れています。若者が集まる「鼓楼東大街」にオープンした「有好貨社」もその一つ。1Fがファッション雑貨店、2Fが可愛いカフェになっており、1箇所で両方が楽しめるようになっています。

1Fのファッション雑貨はおみやげ探しにも最適

ファッション小物が揃う1F、店舗の内装やディスプレイも凝っている ファッション小物が揃う1F、店舗の内装やディスプレイも凝っている

1Fは、大陸と台湾のデザイナーによるオリジナルファッション雑貨が揃います。服、バック、サイフなどの皮小物、アクセサリー、スカーフなど。中国の伝統的な図案を生かしたノート(12元〜)や、メモ用紙、ポストカードなどもあり、ユニークなおみやげ探しもできそうです。ノート類など紙のものは、値段も手ごろで、それほどかさばらず、中国の文化を伝えることもできるので、私自身もよくおみやげに使ったりしています。大陸と台湾の若手デザイナーの作品の数が揃う店舗は少ないので、中国のデザイナーの実力をチェックすることもできますね。

買い物のあとは2Fのカフェへ

2Fからの眺めがいいカフェは、北京では貴重、窓辺の席は特に人気 2Fからの眺めがいいカフェは、北京では貴重、窓辺の席は特に人気

買い物のあと、そのまま2Fのカフェへ行けるのは、複合型ショップの嬉しいところ。2Fのカフェの名前は「芝士青年」(チーズ青年)。その名の通り、8種類前後のチーズケーキを売り物とする可愛いカフェです。店舗は、「鼓楼東大街」に面し、北京では貴重な眺めのいいカフェ。北京のおしゃれな若者に人気があり、特に窓際の席は平日の昼間でも賑わっています。このお店、70年代生まれの仲良し女性2人が手がけるもので、ガーリーなインテリア。チーズケーキも、女性たちが店内のキッチンで手作りするもので、添加物フリー、小麦粉フリーが自慢。毎日ほぼ8種類前後がそろいますが、特に「藍梅」(ラズベリー)「榴蓮」(ドリアン)などが人気です。ケーキは1ピース28元、カプチーノ20元、アメリカン18元、などのメニューがあります。

「鼓楼東大街」の休憩所に

自慢の手作りチーズケーキ類 自慢の手作りチーズケーキ類

「鼓楼東大街」は、いま、北京でももっとも地元の若者が集まるストリートで若者むけのユニークな店が集まっています。またこのストリートの近くには、観光客で賑わうストリート「南鼓鑼巷」もあります。このあたりは、北京では珍しい、散歩をしながら買い物やお茶を楽しめるエリア。そのなかでも2階だてて白壁の「有好貨社」は目立ち、観光客でもとても見つけやすい空間です。おみやげも買え、一休みもできるので、このあたりの散策に覚えておくと便利な場所です。

データ

「有好貨社」東城区鼓楼東大街141号
電話:8400−2291 
地下鉄2号線「鼓楼大街」から徒歩約15分 「鼓楼大街」駅から「旧鼓楼大街」を南下し、「鼓楼」にぶつかったら東に(進行方向にむかって左折)曲がり、「鼓楼東大街」を東へ進んだ北側

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2012/04/13)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索