page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・北京・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

北京の工場観光の新スポット「D・park」へ


掲載日:2013/04/13 テーマ:観光地・名所 行き先: 中国 / 北京

タグ: すごい! カフェ 一度は行きたい


石炭ガス工場跡がアートスポットに変身した「D・park」へ

敷地にはかつての工場設備がそのまま残っています 敷地にはかつての工場設備がそのまま残っています

散策が楽しい季節、北京の若者に人気の新スポット「D・park」へ出かけてみるのはいかがでしょうか。かつての石炭ガス工場の巨大な敷地をアート&デザイン関係のスポットとして再生、08年に正式にオープンした場所です。かつての工場時代は「751廠」という名前で呼ばれていたため、中国語では「751」(チ・ウ・ヤオ)と呼ばれることもあります。場所は、同じく旧国営工場跡から生まれ、北京のアートスポットとして有名な「798廠」の東側の隣。「798廠」を見学したあと、一番メインの道路の「798路」をそのまま東に進んでいくと、「D・park」の入り口が見えてきます。敷地内への入場は無料。「D・park」の入り口には、かつて工場内の輸送に使われていた蒸気機関車の車体が置かれていて、それが目印になります。

かつての工場設備が絶好の撮影場所に

コンサートなどのイベント会場になるスペース コンサートなどのイベント会場になるスペース

「D・park」の一番の人気は、なんといっても旧工場の設備がそのまま残っていること。入り口を入って、奥に進み、工場内の道の最初の十字路を右に曲がりそのまま進んでいくと左右に巨大な工場設備が見えてきます。ここは北京では映画や広告、PVの撮影が頻繁に行われる場所。また工場設備を背景にステージが組み立てられ、コンサートなどが行われるイベント会場でもあります。訪れた若者の記念撮影場所としても大人気のスペース。巨大な設備の迫力をぜひ楽しんでください。

敷地内には人気のカフェも

敷地内の人気のカフェの一つwhite FLAT 敷地内の人気のカフェの一つwhite FLAT

広大な敷地内は散策をするだけでも十分楽しいですが、現在ではカフェなどもオープンしています。敷地内でのティータイムは、窓から工場内の景色なども見えたりして特別の味わい。なかでも人気は、店の隣の焙煎スペースでローストする美味しいコーヒーや、パスタ、ピザなどが人気のカフェ「FLAT WHITE]、入り口から入って工場内の道路の最初の十字路を右にまがるとレンガ建ての工場の建物を利用したカフェの外観が見えます。

かつてのガスタンクがイベントスペースに変身

3Dの映像体験ができるガスタンク。 3Dの映像体験ができるガスタンク。

また敷地内のあちこちに点在しているガスタンクにも注目。門から入って最初の十字路を左に曲がり、北に進むとガスタンクが目にはいってきます。これらのガスタンクは、いまでは「3D」映像を体験できる映画館やイベントスペースとして活用されています。旧国営工場のアイデアあふれる活用例がいっぱいの「D・park」。工場らしく広々と気持ちがよく、なかには芝生や並木などグリーンも豊か。春の散策にもぴったりです。

データ

「D・park」は、北京の観光名所として有名な「798」の東隣り。「798」は今、多くのタクシーの運転手が分かる場所なので、「798」の入り口で下してもらい、798を見学したあと、東に進み、「D・park」を見学すると便利です。付近にはまだ地下鉄は開通していません。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2013/04/13)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索