page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・北京・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

クリエイターが集まる新スペース「i-創意工場」


掲載日:2013/11/18 テーマ:観光地・名所 行き先: 中国 / 北京

タグ: カフェ 街歩き 素晴らしい


古いガラス工場を再生させた「iー創意工場」

「i-創意工場」の入り口。赤い柱が目印。中のレンガの建物が旧工場棟。 「i-創意工場」の入り口。赤い柱が目印。中のレンガの建物が旧工場棟。

北京では、近年、環境保護のために操業停止になった市内の工場を利用してユニークな場所が次々に誕生しています。その一つが、地下鉄1号線「大望路」から徒歩約15分の「i-創意工場」。この場所がユニークなのは、撮影スタジオ、ヘアメイクのスクール、クリエイティブ関係のイベントがよく行われるマルチスペース、などクリエイターのための場所、として再生が進められていること。敷地のなかにはカフェなどもあり、誰でも入ることができます。北京クリエイティブ業界の空気感を観光できる場所です。

旧工場の建物を利用したカフェ

入口をはいって正面にみえる「DOUDOUR」カフェ 入口をはいって正面にみえる「DOUDOUR」カフェ

敷地にはいっていくと、正面に工場の古いレンガの棟を改造したカフェ「DOUDOUR」がみてきます。この建物のなかには、撮影スタジオが集まっており、カフェは、カメラマンやスタイリスト、ファッションエディターのたまり場。この建物をみながら、手前を右手に折れると、右手側にも大きなレンガの棟があります。ここはクリエイターのためのマルチスペース、「NIWOTATA FUTURE HUB」。スペースを区切って新進クリエイターに賃貸しており、なかには東西10あまりのデザイン事務所やスモールブランドのヘッドオフィスが集まっています。

工場跡のユニークなカフェ「FISH EYE CAFÉ」

天井の高い広々としたカフェ「FISHEYE」 天井の高い広々としたカフェ「FISHEYE」

(NIWOTATAFUTUREHUB」の1F中央には、カフェ「FUSH EYE]があります。ここはスペースに入居しているクリエイターたちの昼食や打ち合わせの場となっていますが、誰でもティータイムが可能。天井が高く、広々としたスペースでのティータイムは気分ものびのび。エスプレッソ24元、ハチミツ柚子ティー22元などのほか、ランチタイムにはパスタやサンドイッチもあります。アウトドアスペースもあり、天気のいい日は外も素敵。北欧の家具ブランド「IKEA」とタイアップしており、インテリアは北欧調でシックにまとめられています。

工場改造のプロセスを知る

工場のレンガの建物に国内外のクリエイターが集まる 工場のレンガの建物に国内外のクリエイターが集まる

「i-創意工場」のこうしたスペースはおもに去年からスタート、今年でようやく1周年を迎えた場所がほとんど。敷地のなかでは、工事中のところもよくみられる新陳代謝の活発なエリア。まだ発展途上を感じさせるエリアですが、出来上がって安定してしまった場所をみるのとは違ったおもしろさが。北京市内の工場はこうして再生がすすんでいくのだ、というのをライブで感じることのできるユニークな観光ポイントになりそうです。

データ

北京市朝陽区百子湾29号『i-創意工場」fisheye caféなど内部のカフェは10:0018:00無休。地下鉄1号線「大望路」のB口から出て、「大望路」を南へ。「百子湾路」とぶつかったら十字路を進行方向にむかい右折。十字路から約100メートルいくと、進行方向の右側に入口の赤い柱がみえる。  

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2013/11/18)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索