page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・北京・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

北京で地ビールを楽しめる大人気ビアレストラン


掲載日:2014/05/29 テーマ:グルメ 行き先: 中国 / 北京

タグ: ビール レストラン 一度は行きたい


店内に発酵設備をもつ大人気のビアレストラン

ビルの1フロアをまるごと使った大型店。夏はテラス席も。 ビルの1フロアをまるごと使った大型店。夏はテラス席も。

ビールの美味しい季節がやってきます。北京で楽しむなら、オリジナルレシピのビールを店内で醸造しているユニークなビアレストランに行ってみるのも素敵です。ビアレストランの名前は「大躍啤酒」。アメリカ人と中国人のカップルがはじめたお店で、2人はビール好きが高じてホワイトカラーの安定した職を捨ててビアレストランをはじめました。その転身ぶりが「大躍進」ともいえる決断だったので「大躍啤酒」と名付けたそうです。(英語名はGreat Leap BaeWing)昨年開店したビアレストランは、週末にもなると在住外国人でいっぱい。いま北京でもっとも人気のあるビアレストランです。

オリジナルレシピのビールが常時10種類以上

醸造設備がみえる店内 醸造設備がみえる店内

ビール好きが高じて店をはじめたオーナーだけに、オリジナルのユニークなビールが常に10種類以上、そろっています。世界各地を回ってビールを研究しているオーナーならでは、中国では、その地の素材を生かしたビールを開発したいと、サンショウの実、肉桂、氷砂糖、ハチミツなど独自の素材を使ったビールがあります。メニューにはその日のビールが英語と中国語で書きだされています。英語が併記されているので観光客にも便利。例えば日系と氷砂糖をレシピに使ったビール「肉桂氷糖」は310ml35元。ユニークなフレーバーを楽しめるのが魅力。ミニグラスに好みの4種類を選んでテイスティングできるセット(50元)もあります。

フードも充実

フレッシュなビールが注がれる フレッシュなビールが注がれる

ビールのほか、フードも充実。例えばスパイシーフライドチキンサンドイッチ40元のようなサンドイッチやピザ類、アップルタルト35元などのスイーツもあります。一番にぎわうのは週末の夜ですが、昼間もずっと営業しているのでランチや夕方に利用するのも。大きなガラス窓の外には昔ながらの旧市街の風景がみえ、旅の気分が盛り上がるスポットです。アルコール度6〜7%前後のビールなので、昼間からほんのり、というのも旅先ならではの贅沢ですね。

お持ちかえりもOK

気に入ったビールは、テイクアウトも可能。 気に入ったビールは、テイクアウトも可能。

気に入ったビールは、オリジナルデザインのラベルがかかれたボトルにいれテイクアウトも可能。ホテルで1杯も素敵。ビアレストランで飲みきれない時は、ホテルで1杯もいいですね。10種類以上ものオリジナルビール、そのほとんどが350ml、35元〜40元手頃な価格なので、いろいろ試してみたいもの。

データ

東城区新中街乙12号紫銘大厦1F 
電話:6416-6887
営業時間:11時30分〜翌1時(月曜~木曜・日曜・ラストドリンクオーダーは閉店の30分前まで)、11時30分〜翌2時(金曜・土曜)
地下鉄2号線「東四十条」から徒歩約10分、「東四十条」駅から「工体北路」に出て保利大厦の東側の東西に走る「東中街」を北上。最初の十字路を右折(=東へ)、「第五十五中学」を目指して東へすすみ、「第五十五中学」の前をとおりすぎてさらに東へ約100メートルほどいった北側のビル。タクシーで行く場合は「第五十五中学」と書いてわたし、目印にすると探しやすい。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2014/05/29)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索