page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・北京・お酒・バーの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

中国伝統の蒸留酒「白酒」がテーマのバーが旧市街に誕生


掲載日:2017/11/22 テーマ:お酒・バー 行き先: 中国 / 北京

タグ: おもしろい 一度は行きたい 珍しい


白酒は数千年の歴史を誇る中国伝統の蒸留酒

中国各地の白酒の銘柄がならぶバーの一角 中国各地の白酒の銘柄がならぶバーの一角

世界の都市で蒸留酒ブームが高まっていますが、中国にも数千年の歴史を誇る蒸留酒があります。「白酒」(パイジュゥ)と呼ばれるもので、米、麦、コーリャン、など穀物を原材料に作るもので、作り手によって穀物の配合や発酵に使う微生物などが違い、数千にものぼる種類があるといわれています。各地に白酒メーカーがあり、北京の場合は牛欄山酒廠の「二鍋頭」酒が地酒としてよく飲まれています。中国に来たらぜひ味わってみたいお酒ですが、そんな旅行者にもぴったりな白酒がテーマのバーが誕生しています。

新しい飲み方を提唱するバー

レトロな雰囲気のバーの空間 レトロな雰囲気のバーの空間

実は白酒の飲み方といえば、これまでは宴会での乾杯が主でした。10mlほどの小さなグラスに白酒をいれ、乾杯して飲み干し、空になったグラスの底を相手に見せるのが礼儀。40度以上がほとんど、というアルコール度数の高い白酒を大量に飲むため、宴席で飲みつぶれることもよくありました。乾杯が主なために実は中国人にとっても「少しずつティスティングする」という飲み方はありえなかったのですが、バーの誕生でそれが可能に。立ち上げたのは白酒を愛する4人の外国人で、「素晴らし文化をもつ白酒」を新しい飲み方で提案したいという思いからでした。

テイスティングはグラス1杯15元から。白酒カクテルも。

瓶を並べた壁の装飾 瓶を並べた壁の装飾

テイスティングは10mlの小さなグラスで提供され、1杯15元から。中国では最高級の白酒とされる「茅台酒」は50元。山西省、貴州省、四川省など有名な白酒の酒どころから取り寄せた約50種類の白酒が常時そろっています。また白酒をベースにしたカクテルも5種類ほどが開発されています。数種類を味わえるセットメニューもあり、違いを体験してみたい人むきです。

隠れ家のような旧市街の民家の建物を改造

白酒を味わう空間も素敵。旧市街の古い民家の商店だった建物を改造しており、古きよき北京の雰囲気がただよっています。実はこのバー、最初の店がオープンしたのは3年前だったのですが、この秋、新しいスペースに引っ越したばかり。以前より地下鉄の駅に近くなり、観光客でもさらに訪れやすくなりました。
 伝統的な蒸留酒といえど、最先端の飲み方が提案されはじめた白酒。古くて新しい現象を体験しに、でかけてみませんか。
 名前:首都酒坊 住所:東城区辛寺胡同16 営業時間:18時〜翌日0時30分 日曜日定休 最寄り駅地下鉄5号線「張自忠路」の東北出口を出て北へすすみ2本目の「東四十二条」の横丁を東へすすみ、最初の角を北にはいると「辛寺胡同」。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/11/22)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索