省ごとに好みの味が大きく変わる中国

中国で一口麺を食べてみて、「うわっ!胡椒きかせすぎ!」と感じたら、中国の古都、西安の味。「ラー油たっぷりで辛いっ!」と思うのは四川の味。「しょうゆ味にほっとする」のは上海の味。中国は東西南北に広大なだけに、省が変われば、好みの味付けも全く異なります。そこにさらに民族色も加わります。陝西省の西安はシルクロードの玄関です。ここより西側はイスラム教を信仰する少数民族が多い地域です。宗教上の理由から豚を食べないので、麺のスープも豚から牛や羊に変わります。上海や広州などの沿岸部はあっさり味で内陸部に行くに従って、こってり味に変わっていきます。

地域限定販売が魅力!中国インスタントラーメンの代表「康師傅」 地域限定販売が魅力!中国インスタントラーメンの代表「康師傅」

中国人はふるさとの味しか愛せない?

あまりにも省ごとに好みの味が異なるので、中国はご当地麺が幅をきかせています。全国区で愛されている味なんて、本当に少ないのです。しかも中国人はふるさとの味に対する愛が深く、ふるさとの味以外は認めないといった頑固な人も少なくありません。そう中国はご当地麺ワールドなのです。こんな中国各地の味を楽しめるのがインスタントラーメンです。省が変われば、スーパーで売っている麺の種類がらっと変わります。

スーパーで買えるおすすめのインスタントラーメン

全国区のスーパーで売られているインスタントラーメンといえば、「康師傅」、「今麦郎」、「統一」です。中でもおすすめは「康師傅」です。圧倒的に種類が多く、新しい種類がどんどん発売されます。人気がないとすぐ、生産されなくなるので、また、食べたくなっても見つからないのが難点なのですが。「康師傅」の中で一番ポピュラーなのは紅焼牛肉麺です。牛肉の煮込み入りのしょうゆ味のスープで、日本人にもあう味です。豚を食べないイスラム教徒も食べられるので人気があり、全国区で買える数少ない麺のひとつです。

ご当地の味に忠実な康師傅!いちおしのその訳は?

上海周辺に行くと、東坡肉麺、四川省では四川料理の代名詞のような水煮牛肉麺が売られています。北京なら北京の家庭の味ともいえるジャー醤麺、陝西省では、この地方の食事に欠かせない「油溌辣子」というラー油入りの油溌麺が売られています。どの町のスーパーに行っても、康師傅はその土地の味をそろえています。しかも、その地方でしか買えないのです。まさに地域限定販売です。どんなにジャー醤麺が好きでも、上海では買えません。ここでしか買えない感が康師傅のいちおしポイントです。康師傅のインスタントラーメン、お土産にいかがですか?