日本人向き?の新疆料理は中国料理らしくない料理

ナンと呼ばれるパンの上に羊の煮込みをかけたもの、羊の串焼き、トマトがたっぷり入ったパスタのような麺。中国の西の端、新疆ウイグル自治区の料理は、野菜の色が鮮やかでワイルドな料理です。私たちがイメージする中華料理とはかなり違います。それでも、ツアーで新疆ウイグル自治区に行き、新疆料理を食べると、好きになってしまったという日本人も多いんですよ。特にラグメンというトマトや白菜などの炒めた具をかけた麺は、日本人に人気があります。新疆料理は新疆ウイグル自治区に住んでいるウイグル族の料理です。イスラム教を信仰している人々の料理なので、豚肉は入っていません。そのかわりに羊や牛が多く使われています。

北京で地元っ子も太鼓判を押す新疆料理を食べに行こう! 北京で地元っ子も太鼓判を押す新疆料理を食べに行こう!

新疆料理って、中国のエスニック料理?

この新疆料理、四川料理や広東料理ほどではありませんが、中国でも人気が高い料理です。新疆ウイグル自治区にはウイグル族だけではなく、漢民族も住んでいます。新疆で生まれ育った漢民族なら、子供の頃から、ウイグル族の料理に慣れ親しんできました。新疆ウイグル自治区から遠い地方に住む漢民族にとっては、新疆料理は少数民族料理です。食べない人は全く食べません。しかし好きな人にはとてもおいしい、日本のエスニック料理の位置づけにそっくりなもの。新疆料理は好きな人はとても好きという料理なのです。

北京にある「办事処」とは、どんなところ?

中国の都市ならどこに行っても、出稼ぎのウイグル族がひらいた新疆料理のレストランがあります。中でもウイグル族はもちろん、新疆出身の漢民族が「ふるさとの味!」と太鼓判を押す新疆料理のレストランが北京にあります。「さすが北京!」というのも北京は首都だけあって、各省や省都の連絡事務所が集まっています。中国語で「办事処(バンシーチュー)」と呼びます。办事処と言えば、地元のおいしい料理を出すレストランを併設しているところがほとんどです。

北京でおいしい新疆料理を食べるなら、ここがおすすめ!

中国では、この办事処内のレストランは大変人気があります。週末ともなると近隣住民のお客でいっぱいになるほどです。高級ではないものの、環境がよく、清潔で、料理がおいしくて、しかも安いのが、人気の理由です。北京の新疆料理と言えば、ウルムチ駐办事処の中にある「新疆飯荘(北京西城区車公庄大街北里1号烏魯木斉駐内)」が有名です。週末の夜は、予約なしでは入れないほどです。働いているスタッフは全員、ウイグル族なので、なんだか新疆にいるみたいです。北京で中国のエスニック料理の新疆料理を一度、食べてみませんか?