日本人が北京で食べたい、あの普通の料理

「北京と言えば、北京ダックや羊のしゃぶしゃぶなど、いくらでも名物料理があるのに、どうしてよりによって餃子なの?」と、言いたくもなります。餃子なんて、中国の北部、長江より北側に位置する都市なら、ごくごく普通の食べ物です。どうしてそんなありふれた餃子をわざわざ北京に行ってまで、食べたい日本人が多いんだろう。その理由は一時期、日本で北京の粉もの料理の本が流行りました。女性誌でも北京で日常的に食べられている餃子や麺を食べに行く特集が組まれ、北京=粉ものというイメージができてしまいました。

北京で餃子を食べるなら、年末年始も開いている「餡老満」に行こう! 北京で餃子を食べるなら、年末年始も開いている「餡老満」に行こう!

中国では餃子はお正月の料理!

餃子は粉ものを代表する料理です。だから北京=餃子になってしまいました。それなら麺でもいいはずですが、餃子って具にレンコンやトマトを入れられます。すると美味しくてヘルシーな感じもします。その上、中国の北部では、大晦日の夜に家族みんなで餃子を作って食べる習慣があります。その時、落花生やコインが入った餃子を食べると、その1年を健康に過ごせたり、金運に恵まれたりすると言われています。餃子って、物語があります。このあたりが日本人のツボにぴしゃっと合い、「北京に行ったら、餃子!」になってしまいました。

北京で大人気! 餃子の美味しいお店

中国では餃子の本場は、ハルピンや長春がある東北地方です。その証拠に中国全土に数多くある餃子館には「東北餃子館」や「哈爾濱水餃」という名前が付けられています。中国では本場ではないにしろ、北京の餃子もそこそこ有名です。実際には東北と北京の餃子に違いはありません。北京に行くのだから、北京の餃子屋に行ってみましょう! おすすめの餃子屋さんがあります。その名は「餡老満(シエンラオマン)」。訳すと「(餃子の)具はいつもいっぱい」です。名前を聞くだけでおいしそうでしょう。餃子の種類も多くて、美味しくて、安いので、いつもお客でいっぱいの人気店です。

変わりつつある中国の餃子を食べる習慣

中国では餃子を注文する時は「両」や「斤」を使います。両は50グラム、斤は500グラムです。北京では、ひとつの種類につき最低2両から3両注文するのが決まりです。具はレンコンと豚肉、ズッキーニと卵、三度豆と豚肉などなど少なくとも30種類以上あります。この「餡老満(東城区東四大街316号)」はうれしいことに年末年始も開いています。もちろん旧正月も営業しています。旧正月の元旦の朝、餡老満に行ったことがあります。北京人の家族連れでいっぱいでした。旧正月に一族が家に集まって餃子を食べるという中国の習慣も、どんどん現代化しているんですね。とにかく「餡老満」はおすすめです。北京で餃子を食べたい人はぜひ、どうぞ!