日本人旅行者が北京で食べたいもの

北京名物と言えば、一番に思い浮かぶのは北京ダックです。薄い小麦粉生地の「春餅(チュンビン)」に味噌をぬって、パリパリに焼いたあひるの皮や身をのせ、くるっと巻いて食べます。「本場の北京ダックって、ボリュームたっぷりで、なんておいしいんだろう」と、食べるたびに思います。それなのに、日本人旅行者が北京で食べたいものって、餃子らしいのです。確かに北京の主食は、具が入っていない蒸しパンの「饅頭(マントウ)」や小麦粉生地を素焼きにした「烙餅(ラオビン)」などの粉ものです。餃子も主食のひとつです。だからって、わざわざ北京まで行って、餃子を食べるなんて、あまりにも普通すぎません?

粉もの天国の北京で食べたい! はじめての棒餃子! 粉もの天国の北京で食べたい! はじめての棒餃子!

日本人には「北京=粉もの」のイメージがある北京、

かつて、日本の女性誌で北京の粉もの文化が取り上げられた時期がありました。その影響なのか、「北京=粉もの」というイメージができました。北京を含め、中国の北方では餃子と言えば、「水餃子(シュイジャオ)」です。肉厚の餃子をゆでたもので、トマト、卵、いんげんなどなど、日本人には意外な具が入っています。そんな訳もあって、水餃子を北京で食べたいようなのです。中国では餃子の本場は、ハルピンや長春がある東北地方で、北方でなくても食べられます。それなら北京にしかない焼き餃子を食べてみませんか!

北京でしか食べられない名物の焼き餃子

日本人は餃子と言えば、焼き餃子を思い浮かべます。中国では、焼き餃子を「鍋貼(グオティエ)」と呼びます。鍋貼は食堂やレストランでも食べられますが、マイナーです。しかも北京の焼き餃子は、餃子とは呼ばないので、見落としている日本人も多そうです。北京名物の餃子は「褡裢火焼(ダーリエンフォシャオ)」と言います。北京や河北省では小麦粉で作った餅(お焼き)類を「火焼」と呼びます。「褡裢」とは、清朝の頃、使われた細長い形をした、肩にかける袋物です。この形に似ているので「褡裢火焼」と名付けられました。

はじめて体験する棒餃子の味とは?

この北京の名物は、長さ約15センチもある細長い餃子です。日本風に言うなら、棒餃子です。中に入っている具は豚肉、白菜、ネギなどです。こんがりおいしそうな茶色に焼けた棒餃子を食べてみると、日本の焼き餃子からは想像もできないほど重い食感です。むっちり肉厚の小麦粉生地が油を吸っているからでしょうか? このどっしり重い味が、北京の味とも言えます。北京に行ったら、北京でしか食べられない棒餃子を食べてみましょう。とにかくはじめて体験する重さですよ!