「本場中国で食べる、日本でも人気の中華料理」

日本で食べるものと、味も具も違う! 本場の中国で食べてみて、その違いにびっくりする料理とは? 日本人が大好きな中華料理であり、今ではすっかり家庭で作る中華料理のひとつです。答えは、回鍋肉(ホイグオロウ)です。中国のレストランや食堂で、回鍋肉を注文する日本人は、たくさんいます。本場の回鍋肉を食べたいという積極的な理由もあれば、漢字ばかりのメニューでわかる料理が回鍋肉だったからという消極的な理由の人もいます。どっちにしろ、本場の回鍋肉を初めて食べる人は、出てきた料理を見て、びっくりです。

甘粛省の回鍋肉。回鍋肉には、脂身の多い豚バラ肉がよくあう 甘粛省の回鍋肉。回鍋肉には、脂身の多い豚バラ肉がよくあう

日本でもおなじみの中国の国民的中華料理

日本人が中国を旅行中、漢字だけのメニューの中に、回鍋肉や麻婆豆腐の文字を見つけると、ホッとします。どちらも、私たちが、日本で食べなれている中華料理です。日本の食品メーカーが出している中華料理がまさにそうです。シリーズの麻婆豆腐、回鍋肉、青椒肉絲などは、中国人にとっても、中国のどこに行っても食べられる国民的中華料理と言えます。中でも回鍋肉は、かなり地域差が大きい料理ですが、発祥の地は、四川省だと言われています。

本場、四川省の回鍋肉を食べてみました!

本場、四川省の回鍋肉と言えば、肉は脂身たっぷりの豚バラ肉です。一緒に炒める野菜はネギ、若いにんにくの芽と茎です。味付けは、豆板醤です。さらに花椒と呼ばれる四川料理に欠かせない、しびれるような辛さを持つスパイスも入っています。本場の回鍋肉は、かなり辛い料理です。キャベツと甜麺醤と呼ばれる甘い味噌で味付けした日本の回鍋肉をイメージしていた人には、衝撃の激辛です。脂身の入った、豆板醤味の四川風回鍋肉も美味しいですが、日本で食べる回鍋肉を想像していた人は、びっくりするかもしれません。

地方によって、こんなに違う回鍋肉!

中国の首都、北京で回鍋肉を食べてみました。北京と河北省あたりでは、回鍋肉に使う野菜と言えば、玉ねぎと決まっています。中国では、玉ねぎを使う料理は多くありませんが、北京と河北省では、回鍋肉=玉ねぎ入りです。味は、四川省より抑えた豆板醤味です。内陸部に入り、陝西省西安や甘粛省張掖では、回鍋肉にはピーマンが使われます。味付けは、豆板醤なので、ぴりっと辛目です。酸っぱい料理を好む地方なので、酸味も感じます。黒酢が入っている可能性ありです。回鍋肉って、中国のどこで食べても、異なる具と味付けが楽しめる料理です。中国に行ったら、とりあえず回鍋肉を食べてみませんか!