本当に便利! 北京で初の出前体験!

2016年5月、北京の友人宅で初出前を体験しました。お昼時、人気店はどこに行ってもいっぱいだし、こちらは赤ちゃんもいるので、出前にしたのです。しばらくして目の前には、大量の餃子とサイドメニューから選んだ四川料理のおかずがそろいました。今時の中国出前事情はすごい! この数年、中国の大都市は、出前ブームです。出前を運ぶバイク便が町中を走りまわっています。かつて中国で出前と言えば宅配ピザが中心でしたが、今は違います。ありとあらゆる料理の出前をとることが可能です。こんなに出前が便利になったのは、アプリの力です。

餃子4種類と四川料理のおかずが3種類で173元(約2768円)、もちろん宅配料込! 餃子4種類と四川料理のおかずが3種類で173元(約2768円)、もちろん宅配料込!

中国で今、一番普及している宅配アプリとは?

中国で一般的な宅配のアプリは、「餓了麼」、「百度外買」、「美団」などです。「百度外売」以外は、ダウンロードすると、登録されている多くのレストランに簡単に注文を出すことができます。「百度外売」は、中国の検索サイト「百度」から入ることができ、そこから注文が可能です。とにかく宅配のアプリを使えば、小さな食堂から大型レストランまで、どこでも出前オッケー! ピザやフライドチキンのようなファーストフードはもちろん、雲南料理、新疆料理などの地方料理もオッケーです。こうなると、自宅でどんな料理も楽しめるようになりました。

まずは、宅配アプリで注文してみよう!

アプリを使った注文の仕方は、まずは希望するレストランの項目に入り、あとはメニューから料理を選び、数を入力するだけです。食べたい料理で決めることもできますが、配達に必要な時間も表示されているので、所要時間が短いお店で決めることもできます。友人は、餃子をリクエストした私のために「中俊老辺餃子館」を選んでくれました。メニューに数量を入れたら、あとは銀行カードで決済します。これで注文完了! バイク便が、あらかじめ登録していた自宅に到着するまで約30分待つだけです。

なんでもスマホ上で決済する、中国のスマホ活用事情は、日本よりずっと進んでいる なんでもスマホ上で決済する、中国のスマホ活用事情は、日本よりずっと進んでいる

宅配アプリで注文すると、配達料は? その他の費用は?

レストランによって、最低いくらの注文があれば宅配料が無料になるなどは異なります。競争が激しいので、宅配料は5元(約80円)からとかなりお安いです。また、プラスチックの容器に1品ずつつめるので、1品につき容器代2元(約32円)も必要です。それでも、安いです。待っている間、スマホには、地図とバイク便のイラストが表示され、「家まであと300メートル」などの説明がついています。本当に来るだろうかという心配がおきないほど、宅配アプリはよくできています。私の初出前体験は、予定の所要時間の30分を大幅に越え、1時間近くかかりましたが、ちゃんと到着しました。旅行者には関係ない宅配アプリですが、中国の銀行カードを持っている長期滞在者なら、かなり便利に使えること間違いなし。中国で出前体験してみては?