希望通りのものをあげたのに、喜んでくれない中国人

中国人に友達に「お土産に何が欲しい?」と聞くと、「日本の特徴があるもの」と言います。「嘘ばっかり。特徴があるものをあげても喜ばないくせに!」と、心の中で私は叫びます。日本の特徴があるもの、日本にしかないものを中国人の友達にあげたことがあります。手ぬぐいです。伝統柄、モダン柄、見た目も美しく、持っていくのに嵩張らないお土産です。しかし、友達は全くうれしくなさそうです。中国人はもともとハンカチを使いません。ハンカチや手ぬぐいは、もらっても意味ないのです。それに手ぬぐいは、中国人には安い土産にしか見えません。

いったい何をあげたらいい? 中国人へのお土産は難しい いったい何をあげたらいい? 中国人へのお土産は難しい

テレビで紹介された人気商品をあげた時の反応は?

それならと、セラミック製のピーラーをあげたことがあります。京都にやってきた中国人が買う人気商品として、京セラのセラミック製の包丁がニュース番組で紹介されたのです。包丁は単価が高い上に、刃物は何かと問題があるので、お手軽な値段のピーラーにしました。ピーラーをもらった時の友達の反応は最悪でした。中国ではこのような実用品をあげるのは、よくないそうです。しかもピーラーなんて中国ではすごく安いものです。いくら日本にしかないセラミック製と言っても理解してもらえません。「じゃ、いったい何が欲しいのよ!」と言いたくなります。

中国人が欲しいお土産とはいったい何?

中国人の友達は「何か飾るものか置き物がいい」と言います。確かに私も西安で知り合った中国人に「唐三彩」と呼ばれる焼き物の馬をもらったことがあります。しかし、置き物なんて趣味があわないと、厄介です。相手を思い、捨てられないし、飾れません。中国人の家にはそんな飾れない置き物が大量にあると言います。それでも飾るものが欲しいこの感覚、理解不能です。私はお菓子をあげるのが好きです。沿岸部の都市部の中国人なら理解してくれますが、内陸部の中国人は嫌がります。「日本人の友達にもらったものを友人に見せびらかしたいから、お菓子はやめて」と言われました。食べてしまうとなくなるからです。

世代間でこんなにも違う欲しいお土産

もし、中国人の友達に食べ物をあげるなら栄養食品がいいと言う人もいます。栄養食品は栄養が重視なので、味はまずいと中国人はみんな知っています。高価だと言うことも知っています。だから中国人は栄養食品をもらうと満足し、それをまた、別の人にあげます。中国では栄養食品は使いまわすものらしいです。中国人へのお土産のポイントはメンツのようです。しかし、80年代、90年代以降に生まれた若い中国人は違います。日本で流行っているものをあげれば喜んでもらえます。BBクリーム、付録つきの雑誌などで十分です。問題は40代前後から上の世代の中国人へのお土産です。毎回、何にするか頭が痛い問題です。