北京でよく使われる「胡同」とは、どういう意味?

さくらんぼ、ほうき、茶、炭など、かわいい名前が次々、見つかります。ひとつ見つかると、うれしくてどんどん歩いてしまいます。これは全部、北京の胡同の名前です。胡同とは、路地を意味する中国語ですが、もともとはモンゴル語で井戸を意味する言葉だったという説があります。北京に初めて都をおいたのは、モンゴル族の王朝、元です。北京は、歴史的に飲料水を井戸水に頼ってきました。井戸水があるところに、民は住んでいます。だから井戸は、居住区や通りを表す言葉になりうるという説です。

今時の北京観光は、胡同めぐりが大人気!

この胡同巡りは、最近の北京観光の目玉になっています。今までの北京観光と言えば、故宮博物院や万里の長城などの世界遺産めぐりが中心でした。今は、三輪車に乗って、胡同巡りをしたり、胡同の伝統家屋で餃子づくりを体験したりするのが流行っているんですよ。故宮博物院の北東にある「南鑼鼓巷(ナンルオグーシャン)」は、カフェや雑貨屋が軒をつらねる観光地化した胡同です。南鑼鼓巷から西に進むと、后海に出ます。このあたりも昔ながらの胡同が残っている地区です。季節のいい時期は、観光客をのせた三輪車がどんどんやって来るような胡同巡りの定番コースになっています。

后海周辺を走りまわる胡同巡りの三輪車。コースによって値段がことなります 后海周辺を走りまわる胡同巡りの三輪車。コースによって値段がことなります

胡同巡りをするなら、定番コースをはずして前門に行ってみよう!

胡同巡りの定番コースもおすすめですが、ちょっと目先をかえて前門に行ってみませんか? 南鑼鼓巷や后海周辺は、故宮に近いだけあって、もともとは皇族や官僚が多く住んでいた地区です。前門は、天安門広場の南側に位置している清朝の時代からの繁華街です。前門から歓楽街があった大柵欄にも足をのばしてみましょう。このあたりは、庶民的な下町でした。今も猥雑な感じが残っており、ぶらぶら胡同巡りが楽しいところです。この大柵欄の周辺が、かわいい名前の胡同が次々と見つかるおすすめポイントです。

大柵欄に近い胡同は、北京の中心部なのに、昔懐かしい下町の雰囲気 大柵欄に近い胡同は、北京の中心部なのに、昔懐かしい下町の雰囲気

かわいい名前の胡同ができた理由

胡同の名前のつけかたですが、周辺に貴族の屋敷、寺、井戸、市場などがあれば、それを利用します。例えば、三眼井胡同です。でも、そんなめぼしい地名がない居住区もあります。そこで、庶民に身近なもの、食べ物などを利用して、胡同の名前にしたと言われています。だから、ほうき胡同や茶、炭胡同なのです。私が一番気に行っているのは、楊梅竹斜街に近い「桜桃(インタオ)」胡椒です。この付近は、頭にカーラーを巻いたおばちゃんやビール腹のおっちゃんがうろうろしている下町ですが、名前は、とびきりかわいいさくらんぼ胡同です。胡同歩きをするなら、かわいい名前の胡同が次々現れる前門に行ってみませんか!

「櫻桃」はさくらんぼのこと。胡同の家には、胡同の名前と番地が入った赤い札が貼られているので、それをチェック! 「櫻桃」はさくらんぼのこと。胡同の家には、胡同の名前と番地が入った赤い札が貼られているので、それをチェック!